日本・インドネシアにおける「ものづくり」を通した芸術文化と人材交流プロジェクト

  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成26 (2014) 年度
助成額
JPY 1,435,435
活動国・地域
インドネシア, 日本

女子美術大学とインドネシア国立ジョグジャカルタ芸術大学(ISI; Institut Seni Indonesia Yogyakarta)が、両校の学生と教職員らの相互交流を通して、日本のプロダクトデザインとインドネシアのバティックを融合させた作品を企画・制作した。 事業は大きく3つに分かれ、「1. 交流授業」では、日本側の教授らがプロダクトデザインの授業を、インドネシア側はバティックの歴史、模様史などに関する授業を、互いの大学学生を対象に行った。「2. 制作交流」では、作品の企画案や制作過程をFacebookでチーム内公開を行い、お互いの国の学生が閲覧、感想や意見を交換した。「3. 公開交流」では、33名の学生が提案したデザインを紹介する展示会を両国で開催した。

関連する国/地域
日本, インドネシア
協力団体/協力者
Institut Seni Indonesia Yogyakarta

関連する事業

活動国・地域

日本・インドネシアの若者が共に考えるインドネシアのごみ事情 ~村ツーリズムの開発とともに~

日本・インドネシアの若者が共に考えるインドネシアのごみ事情 ~村ツーリズムのさらなる発展とともに~

ジョグジャカルタ市における人形劇 “What is it like to be me?”の上演と関連ワークショップ、レクチャー、シンポジウムの開催

日本・ASEAN・ボランティア・サービス(JAVS)

防災文化セミナー 「スマトラ沖地震津波より10年を経て」

仮面舞踊を通した日本とインドネシア文化交流事業

活動分野

第8回世界俳句協会大会

サクラコレクション2014 大阪

インドネシア子どものお話フェスティバル:日本とインドネシアの絵本展

アセアン保育者と日本作家が協働する、幼児児童向絵本・紙芝居の翻訳・共作・実演をベトナムで始める事業

東アジア・ローカル・コミュニティアート・ネットワーク

ミャンマー(少数民族)衣と食文化の夕べ

協力団体

アートアクセスあだち 音まち千住の縁