防災文化セミナー 「スマトラ沖地震津波より10年を経て」

  • 申請団体 和光大学
  • 日本: 東京
    • 環境・防災
    • 伝統文化・文化遺産
  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成27 (2015) 年度
助成額
JPY 1,305,000
活動国・地域
インドネシア, 日本

日本の文化である紙芝居を媒体として、インドネシアの災害文化を紹介する防災セミナーを実施。アチェ出身の口承芸能継承者による独特な語り口調は、日本の参加者に大きなインパクトを与え、両国の文化理解につながった。

初年度である平成26年度に実施したアチェ、ジャカルタ、メダン、岩手、宮城、神戸、大阪、名古屋、東京に加え本年度は、インドネシア国内はジョクジャカルタ、パダン、日本では福島においても開催。文化と防災を軸とした交流をなお一層広く展開した。

紙芝居の上演と共に、インドネシア各地の学校やコミュニティ団体との協力により、各地の災害経験伝承をより広い地域で伝えたことにより、参加者は災害文化に対する高い関心を寄せ、両国の防災意識の向上にも資することとなった。

平成26年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/grant/pp1405/
平成28年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/grant/pp1637/

関連する国/地域
日本, インドネシア

関連する事業

申請団体

防災文化セミナー「スマトラ沖地震津波より10年を経て」 – 文化と防災を軸とした交流 -

活動国・地域

「女形」の伝統芸 - バリと日本の交流

防災文化セミナー「スマトラ沖地震津波より10年を経て」 – 文化と防災を軸とした交流 -

アジア・ヘリテイジ・ネットワーク国際シンポジウムの開催 -アジア新興国の歴史的町並み保存活動支援に向けて-

世界湖沼会議子ども交流事業

「インドネシア日本食フェスティバル」事業

インドネシア・アチェと東松島市の子ども国際交流事業 「被災地から未来への対話/壁画の架け橋」

活動分野

日本・インドネシアにおける防災コミュニティラジオの経験共有事業

災害からのコミュニティ再生の経験を学び合う日本・インドネシア交流事業

ジャカルタお掃除クラブ日本訪問2 ~日本式お掃除文化をさらに深く考える~

日本・インドネシアの若者が共に考えるインドネシアのごみ事情 ~村ツーリズムのさらなる発展とともに~

インドネシア地域防災構築事業

アジアにおける気候変動・防災問題に関する国際シンポジウム開催と経験交流