防災文化セミナー 「スマトラ沖地震津波より10年を経て」

  • 申請団体 和光大学
  • 日本: 東京
    • 環境・防災
    • 伝統文化・文化遺産
  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成27 (2015) 年度
助成額
JPY 1,305,000
活動国・地域
インドネシア, 日本

日本の文化である紙芝居を媒体として、インドネシアの災害文化を紹介する防災セミナーを実施。アチェ出身の口承芸能継承者による独特な語り口調は、日本の参加者に大きなインパクトを与え、両国の文化理解につながった。

初年度である平成26年度に実施したアチェ、ジャカルタ、メダン、岩手、宮城、神戸、大阪、名古屋、東京に加え本年度は、インドネシア国内はジョクジャカルタ、パダン、日本では福島においても開催。文化と防災を軸とした交流をなお一層広く展開した。

紙芝居の上演と共に、インドネシア各地の学校やコミュニティ団体との協力により、各地の災害経験伝承をより広い地域で伝えたことにより、参加者は災害文化に対する高い関心を寄せ、両国の防災意識の向上にも資することとなった。

平成26年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/grant/pp1405/
平成28年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/grant/pp1637/

関連する国/地域
日本, インドネシア

関連する事業

申請団体

防災文化セミナー「スマトラ沖地震津波より10年を経て」 – 文化と防災を軸とした交流 -

活動国・地域

世界湖沼会議子ども交流事業

スケート・スポーツ 次世代人材発掘プロジェクト

チリウン川(ジャカルタ市)の清流化を支援する多摩川・チリウン川環境ボランティア交流事業

日本・ASEAN・ボランティア・サービス(JAVS)

日本とインドネシアの若者による地域資源を活用した持続可能な開発のための活動

防災文化セミナー「スマトラ沖地震津波より10年を経て」

活動分野

アジアにおける気候変動・防災問題に関する国際シンポジウム開催と経験交流

インドネシア地域防災構築事業

災害からのコミュニティ再生の経験を学び合う日本・インドネシア交流事業

多様な人々が参加するレジリエントな復興をめざして:世界津波の日制定記念シンポジウム

「第8回アジア湿地シンポジウム」 (2017年11月) における「湿地とユース」セッションの企画・運営

-防災レジリエンス・ツールをアジア諸国で拡散する市民ネットワークを構築する- 防災レジリエンス・フォーラム2015 TOKYO