「失われたクメール美術教育」復活プロジェクト

  • アジア・市民交流助成
採択年度
令和元 (2019) 年度
助成額
JPY 1,500,000
活動国・地域
カンボジア

カンボジアのクメール美術はポルポト政権下の文化破壊により荒廃し、ニーズがあるのにも関わらず、公立学校では美術教育は行われていない。美術教育の重要性を理解してもらうことを目的に、カンボジアのプノンペンでシンポジウム・展覧会、研究会を開催し、一般市民も参加する国際交流を行った。

1. シンポジウム、ポスターセッション、作品展示を開催。カンボジア人と日本人の多くのメンバーや関係者が一堂に集まり、クメール美術教育に関する研究会・情報交換会を行った。これらは一般公開とし、美術教育の重要性を一般市民・政府関係者とともに考え、新聞やテレビを通じて多くの市民に美術教育の必要性を訴えかけた。

2. 小学生に美術の楽しさを知ってもらうため、プノンペン周辺の小学校で実践的美術教育を行った。その際、今後カンボジアでの美術教育を確立するための基礎とするべく、クメール美術の独自性を生かした教育方法を検証した。

報道実績 https://www.youtube.com/watch?v=9y1eEXNX4Ec&feature=youtu.be (カンボジア語)

関連する国/地域
日本, カンボジア
協力団体/協力者
山田アートスクール
王立プノンペン大学
王立芸術大学
カンボジア文化芸術省

申請団体より

シンポジウム・展覧会、研究会を開催し一般市民も招き入れ、国際交流することで美術教育の重要性を理解していただいた。クメール美術とその美術教育を復活させるまで事業を継続的に行う予定。今回の事業を通して、大勢の方の賛同を得ることができた。

関連する事業

活動国・地域

ASEAN Japan Youth Friendship Project for 2020

日本とカンボジア相互の教育実践交流事業

日本とカンボジアの大学生による科学実験教室の協働開発及び開催事業

ジュニアユースサッカーフェスタ2018 イン カンボジア

カンボジア・東北・北九州のこどもたちをつなぐ「Smilink Action」

メコン対話 -アーツマネジメントによるコミュニティの賦活

活動分野

アセアン保育者と日本作家が協働する、幼児児童向絵本・紙芝居の翻訳・共作・実演をベトナムで始める事業

第8回世界俳句協会大会

日本×シンガポール 国際ワークショップ「ダイバーシティ&インクルージョンのためのデザイン」

ミャンマー(少数民族)衣と食文化の夕べ

インドネシア子どものお話フェスティバル:日本とインドネシアの絵本展

インスタント・シティ東京