日本インドネシアの文化理解・社会課題解決型 ファッションデザイン作品共同制作ショー

  • アジア・市民交流助成
採択年度
令和3 (2021) 年度
助成額
JPY 896,082
活動国・地域
オンライン

ファッションを軸にした社会的課題解決と異文化理解を目的とした日本とインドネシアの若手クリエイターによるチーム作品共同制作とその発表イベント。 ファッションは各国の文化であり多くの人の関心を集める分野でもある一方で、持続可能な社会を作るうえで大きな負担となっている産業としてその問題が注目されている。この状況に対しての啓蒙的な発信と日本とアジアの文化理解を目指し、日本-インドネシアという異なる文化圏のデザイナーがオンラインで議論し、各国の文化と社会的なメッセージを融合させデザインに落とし込み、3Dデータ化されたバーチャルファッションとして発表した。  イベントは同作品の発表の他、実在の服のランウェイや日本文化のエンターテインメント・インドネシア大使夫人などもお招きしたアフタートークとあわせて、会場中継配信として配信。日本インドネシアに限らずシンガポール・マレーシア・中国などアジア圏を中心に全世界からの視聴があった。

関連する国/地域
インドネシア
協力団体/協力者
Muskaan
キサブロー
On-1 Tokyo
XR Couture, Carol Vajda

申請団体より

コロナ禍における国際文化交流のありかたとしてバーチャルファッションという分野に挑戦し、実際の移動を伴わない、かつアイキャッチングなアプローチをとることで日本とインドネシアの文化交流だけでなく、ファッションの社会課題という世界共通の問題に対するメッセージの発信を試みた。 不確実性が高い状況の中で困難も多かったが、文化交流としての文脈だけでなくデジタルアートやテクノロジーの取り組みとして興味を持ってくださった方も多く、またインドネシアと日本以外の国からの視聴者も多かった。結果としてコロナ禍の制限内でのベストではなく、全く新しいものを生み出せたのではないかと感じている。 今後は今回の経験を踏まえ、人々が一堂に会して行う交流で得られる深い価値と、デジタル空間で紡がれる広い価値を組み合わせることで新しい国際文化交流のありかたを創り出していきたい。

関連する事業

活動国・地域

ダンスインアジア -オンライン- 2020

アジアにおけるエクスプレッシブダンスプロジェクト

現在の東南アジアで生きる性的マイノリティのアーティストによる映像作品の配信およびトークや交流

明るい未来を切り開く(オンラインワークショップ)/ CUTTING TO OPEN THE BRIGHT FUTURE (ONLINE WORKSHOP)

テラジア―隔離の時代を旅する演劇―

コロナ禍を乗り越えるための日本とインドネシアのオンライン“ボーダーレス”映画祭

活動分野

サクラコレクション2014 大阪

ベトナム・ハノイ「小中高一貫教育 実験学校」との日越文化交流

ベトナム・市民交流によるまちづくり推進

防災文化セミナー「スマトラ沖地震津波より10年を経て」

ベトナム・市民ボランティアとの協働による市民交流と西洋館の活用・観光の活性化

第8回世界俳句協会大会