インスタント・シティ東京

  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成30 (2018) 年度
助成額
JPY 584,900
活動国・地域
日本

2020年春、ドイツの建築家集団ラウムラボア・ベルリンと日本の建築家ユニット、アトリエ・ワンの協力を得て東京の空き地に実験場「インスタント・シティ東京」を設置することを企画。アジア太平洋地域及び日本のアーティストが参加し、自国の生活条件や暮らしの現実を芸術活動として反映させ、更に開催地の周辺住民や日本の建築学科の学生たちも参加し、期間終了後も継続していく形作られたネットワークや思想の文脈を生み出すことを目指している。 そのキックオフ・イベントとして、東京で建築家集団と参加アーティストらによるワークショップを実施。コンセプトを共有し戦略を形成するため、ピッチ形式のプレゼンテーション、専門家によるレクチャーやディスカッション、視察や文化体験などを行った。

関連する国/地域
日本, シンガポール, フィリピン, タイ, ベトナム, ドイツ, 中国, 韓国, 台湾, オーストラリア
協力団体/協力者
ラウムラボア・ベルリン
アトリエ・ワン

申請団体より

私たちは将来、どのような形の共同体で働き、暮らし、市民社会的参加を望むのだろうか。新しい形の都市で共生するために、どのような都市空間のインフラが必要となるのか。 そのような問いを考察するために、本事業を企画した。今回のワークショップに参加したアーティストらは、初顔合わせであったにもかかわらず、その建設的でオープンな姿勢と積極的なアプローチによって、限られた時間の中でかなり深い段階にまで議論は及んだ。各アーティストは自身の活動を紹介し、この長期プロジェクトを共に進めていくための共通認識を深めた。 目下、本プロジェクトに向けて参加アーティストは各自の企画をまとめている。改善・具現化されたそれぞれの企画が、2019年初頭に開催される次回のワークショップでひとつのドラマツルギーに統合される。

関連する事業

活動国・地域

ミャンマー寺子屋教師招へい事業

日本とベトナムとの交流事業

防災文化セミナー 「スマトラ沖地震津波より10年を経て」

チャイルド・エイド・アジア ~ Friendshipコンサート

Sustainable Education Summit 2017

多様な人々が参加するレジリエントな復興をめざして:世界津波の日制定記念シンポジウム

活動分野

作品展示やワークショップ、トークイベントを伴う、インドネシア芸能公演イベント制作事業

サクラコレクション2014 大阪

アセアン保育者と日本作家が協働する、幼児児童向絵本・紙芝居の翻訳・共作・実演をベトナムで始める事業

マレーシアにおける大人の塗り絵体験セミナー事業

日本・インドネシアにおける「ものづくり」を通した芸術文化と人材交流プロジェクト

東アジア・ローカル・コミュニティアート・ネットワーク