ミャンマー(少数民族)衣と食文化の夕べ

  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成27 (2015) 年度
助成額
JPY 1,500,000
活動国・地域
日本

助成団体は、ミャンマー少数民族と日本の友好を拡大・深化させることを目的に活動しており、日本社会に貢献できる人材を育成することを目標に、日本で暮らすミャンマー人のコミュニティに向けた教育事業を進めている。 2015年5月、両国の市民レベルの交流を促進することを目的に、ミャンマーの衣・食の文化を紹介するイベントを開催。500名を超える人が集まり、イベントを通して参加者のミャンマー理解を深めることができた。また双方向の交流の促進を図り、とりわけ「衣」の分野においては、ミャンマーの著名なファッションデザイナー Seng Lat をはじめとして、ミャンマー国内外で活動する芸術家の参加を得てイベントを実施して、ミャンマーの多様な文化とともに、現代的なミャンマーの姿を知ることができた。

関連する国/地域
日本, ミャンマー

関連する事業

活動国・地域

防災文化セミナー「スマトラ沖地震津波より10年を経て」

「第8回アジア湿地シンポジウム」 (2017年11月) における「湿地とユース」セッションの企画・運営

アートアクセスあだち 音まち千住の縁

アジアにおける気候変動・防災問題に関する国際シンポジウム開催と経験交流

「町家から創造都市へ」 アジア伝統文化の創造の協働作業

「女形」の伝統芸 - バリと日本の交流

活動分野

「インドネシア日本食フェスティバル」事業

第8回世界俳句協会大会

インスタント・シティ東京

インドネシア子どものお話フェスティバル:日本とインドネシアの絵本展

シンガポール「COOL JAPAN」交流事業

アセアン保育者と日本作家が協働する、幼児児童向絵本・紙芝居の翻訳・共作・実演をベトナムで始める事業