作品展示やワークショップ、トークイベントを伴う、インドネシア芸能公演イベント制作事業

  • 申請団体 ティダッ アパアパ
  • 日本: 大阪
    • ダンス・舞踊
    • 伝統文化・文化遺産
    • 芸術・文化一般
  • アジア・市民交流助成
採択年度
令和3 (2021) 年度
助成額
JPY 1,013,023
活動国・地域
日本

本事業は、散歩するようにインドネシアの様々な文化芸能を楽しむ場を作りたいと「じゃらんじゃらんインドネシア」(じゃらんじゃらんとは、インドネシア語で散歩の意味)と題した。ジャワガムラングループTidak apa-apaが主体となり、インドネシアの伝統的な染織であるバティックの作家作品や影絵芝居ワヤンクリの人形の展示、出演者によるトークやレクチャー付きのバリ、ジャワ、バニュマスなどインドネシア各地の舞踊公演、伝統的なジャワの影絵芝居と日本のアーティストによる創作影絵芝居の公演、作家やアーティストによるワークショップなど、伝統的なものから今生まれている作品まで、幅広く多角的にインドネシアの文化芸能に接する機会を企画し、市民にインドネシアの芸能文化について深く味わい、理解を深め、実際に体験する機会を提供した。
 また、全日、展示+ワークショップと芸能公演+トーク/レクチャーは時間帯を分け、コロナ禍の感染対策のため完全入れ替え制として開催したが、展示&ワークショップの講師として出演アーティストが参加する、公演時も作家が在廊して展示作品の質問を受けるなど、来場者が展示・公演・ワークショップの行き来をできるよう工夫をすることで相互のつながりを作り、参加者とアーティスト、またアーティスト同士の交流・協働の機会を創出した。

関連する国/地域
日本, インドネシア
協力団体/協力者
ナナン・アナント・ウィチャクソノ

申請団体より

来場者は、「バリ舞踊」「ジャワ芸能」「バティック」「影絵芝居」などのキーワードに惹かれ来場するが、そこで他のコンテンツにも触れ、楽しみ、様々なインドネシアの文化芸能を味わっていただき、多角的にインドネシアの文化芸能を知っていただくことが出来た。また、コロナ禍で様々な活動の制限がある中、本助成のおかげで、多くの作家・アーティストに参加いただき、互いの交流・協働の場を作れたことはとても嬉しく、意義のある事だったと思っている。これをきっかけとして、地域に根差しながら、インドネシアの文化芸能を発信し、アーティストの交流・協業の場となる事業を続けていきたいと思う。

関連する事業

活動国・地域

日本・インドネシアにおける柔道ならびに柔道整復の交流事業

カンボジア・東北・北九州のこどもたちをつなぐ「Smilink Action」

日比ユース・ネットワーク構築のための日比国際児の若者(JFY)と日本の若者との演劇交流活動

全日本製造業世界コマ大戦2015

第2回ぐんまカップ

日本・ASEAN・ボランティア・サービス(JAVS)

活動分野

JAVIPクラブ文化交流ベトナム公演

東京芸術祭ファーム Asian Performing Arts Camp

子供達が踊る日本舞踊による交流事業

ダンスインアジア -オンライン- 2020

アジアンビートプロジェクト 2015

ダンスを通じて国の垣根を越えよう事業