ストアハウスコレクション - タイ週間Vol.3 –

  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成30 (2018) 年度
助成額
JPY 1,198,300
活動国・地域
日本

タイのB-Floor Theatreを招へいし、「ストアハウスコレクション・タイ週間Vol.3 -アシタのカラダを考える-」と題して、2019年1月30日から2月3日まで公演を行った。

  『Mano Land』 B-Floor Theatre(タイ) 作・演出:Teerawat Mulvilai
  『PARADE-Reborn-』 ストアハウスカンパニー(日本) 作・演出:木村真悟

単に海外劇団を招へいするにとどまらず、日本の劇団と時と場所を同じくして劇場空間をシェアして上演することで、異なる国の舞台を2本立てで見比べ、終演後には出演者・観客も交えて話す場を提供した。また、「Mano LandでParadeを」と題して、演劇評論家の高橋宏幸とともにTeerawat Mulvilai、木村真悟がポストパフォーマンストークを行った。 

平成26年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/grant/pp1406/
平成27年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/grant/pp1556/
平成28年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/grant/pp1634/

関連する国/地域
日本, タイ

申請団体より

「ストアハウスコレクション」は参加団体が相互にお互いの作品を批評しあえる、開かれた場所になろうと考えている。現に、終演後のロビーにおいて観客を交えリラックスした雰囲気の中、様々な会話が繰り広げられ、またアフタートークでは活発な議論がなされている。 芸術は決して観賞するものではなく、私達の生活にとってなくてはならないものとして、再び私たち自身の手に取り戻すために継続される。「ストアハウスコレクション」は、その作業をアーティスト相互の信頼をもとに構築している。その結果、私達は世界を知り、世界の多様性を知ることとなるのだが、その意義は決して小さくはないと考えている。
2013年9月より始まった「ストアハウスコレクション」も2019年度には日韓演劇週間は7回目を、アジアの国々とのプログラムは6回目を迎える。 2019年度の日韓演劇週間Vol.7は魯迅の『狂人日記』を韓国と日本の劇団が、同じ作品をどのような切り口で舞台化するのかを、フィジカルシアター週間Vol.1としてタイのB-Floor Theatre と韓国のTheatre Momggol、日本のストアハウスカンパニーの3劇団の参加で開催する。 このフィジカルシアター週間はこれまでのB-Floorとの関係から生まれたプロジェクトとなる。

関連する事業

申請団体

ストアハウスコレクション -タイ週間-

ストアハウスコレクション -アジア週間-

ストアハウスコレクション -演劇とダンスの間で-

活動国・地域

伊勢原とバリ島をつなぐ小さな親善大使たち2・農業交流6(伊勢原とバリ島の国際交流8)

オルタナティブな農・食・流通・教育の先駆者との交流から創るタイNGO・新時代への挑戦3

「見放されたものの組織化」交流プログラム

リサーチプロジェクト 「町に残るアートとコロニアリズムの跡」

日越アーティストによる、日本とベトナムのチームリサーチ事業

S-AIR 2014 Residency Programme -FRONTIER- ASEAN

活動分野

劇団角笛シンガポール公演

壊れた時間のバラタ〜Mahabharata~ 全篇の短編映像を作る

ジョグジャカルタ市における人形劇 “What is it like to be me?”の上演と関連ワークショップ、レクチャー、シンポジウムの開催

テラジア―隔離の時代を旅する演劇―

日本とフィリピンにおける多文化理解のための演劇をつかった新しいワークショップの共同開発

日比ユース・ネットワーク構築のための日比国際児の若者(JFY)と日本の若者との演劇交流活動