Sustainable Education Summit 2017

  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成29 (2017) 年度
助成額
JPY1,495,640
活動国・地域
日本

Sustainable Education Project(SEP)は、国境を越えた地球全体の利益(=地球益)のために貢献できる次世代のリーダーを育成するため、ASEAN10か国にて、日本語をベースに「知」「徳」「体」のバランスを重視した教育を行う幼小中一貫校の設立支援を目的としたプロジェクトである。SEPを推進するため、ASEAN各国の元日本留学生協会等の支援のもと、ASEAN10か国のキーパーソン(元日本留学生を中心とする親日・知日教育者など)が日本に集い、親交を深め、将来的な協力体制を構築する場として、2017年10月に国際会議を開催した。一般社団法人公益資本主義推進協議会(PICC)、公益財団法CIESF、一般社団法人日本国際化推進協会(JAPI)共催。

公式ウェブサイト  http://mx43.zeeksdg.net/zeeksdg/sep.link/

関連する国/地域
日本, シンガポール, フィリピン, インドネシア, マレーシア, タイ, ベトナム, カンボジア, ラオス, ミャンマー, ブルネイ
協力団体/協力者
一般社団法人 公益資本主義推進協議会
公益財団法人CIESF

申請団体より

会議の終盤では、ASEAN10か国の代表に当事業の趣旨をご理解いただき、各国での幼小中一貫校設立にむけた取り組みに関する合意文書を確認、調印式を行なった。また、各国における初等教育の現状と課題などを共有し、各国が抱える問題を少しでも解決し、社会をより平和で豊かなものにしていくために、世界中の子どもたちが「地球益」に貢献しうる人材となるよう様々な環境を整えていく必要があることを再認識した。 今後は、各国の代表を通じて、こうした考えを活かした教育について興味・関心のあるパートナー候補をASEAN各国から見出し、我々の持つノウハウを提供していくことで、幼少中一貫校の設立を実現したい考えである。

関連する事業

活動国・地域

日本とフィリピンにおける多文化理解のための演劇をつかった新しいワークショップの共同開発

日本タイ市民・青少年 空手道共同研鑽・国際文化交流・友好促進事業

アジア・パシフィック青少年コーラス交流 in OKINAWA / NAHA

「見放されたものの組織化」交流プログラム

御朱印船を活用した日越交流促進プロジェクト

多様な人々が参加するレジリエントな復興をめざして:世界津波の日制定記念シンポジウム

活動分野

ベトナムとタイの日本語学習者と日本人NPO会員が、異文化コミュニケーションギャップについて議論を交し、相互理解を促進する事業

日タイ絵本を通じた国際交流推進事業

International Development Field Camp for Myanmar and Japan Youth Leaders

ベトナムの震災後支援への御礼とお箸文化交流

バリ・金谷インターナショナルアートウィーク2016

第2回ぐんまカップ