マーク・テ『Baling』を通して歴史との向き合い方を考える/上演+レクチャー+リサーチプロジェクト

  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成28 (2016) 年度
助成額
JPY1,432,400
活動国・地域
日本

2016年10月、「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2016 AUTUMN」の公式プログラムとして、マレーシアのアーティスト、マーク・テ(Mark Teh)の舞台作品『Baling(バリン)』を上演。4ステージで、観客は約270名。 上演に先立ち、アートアドミニストレーターの樋口貞幸とダンサーの山下残によるマレーシアでのリサーチを実施。『Baling』やリサーチを掘り下げる場として、3回の連続トークを行い100名を超える参加者があった。 マレーシアという異なる社会状況を背景にした作品の理解、そしてアートに対する関心や理解を促進した。

関連する国/地域
マレーシア
協力団体/協力者
Five Arts Centre

申請団体より

舞台作品の上演に伴って、その内容を深めたり別の視点を得たりするためのレクチャーは重要だが、普段の公演では予算的・人員的な制約もありなかなかそういったことはできない。 今回、本助成のおかげで『Baling』に関連した連続トークのプログラムを組むことができ、異なるコンテクスト、社会状況を背景にした作品の理解およびその国の政治・社会状況、そしてアートに対する関心や理解を、観客や参加者に対して促進できたのではないかと思う。 KYOTO EXPERIMENTでは、今回の取り組みの経験を活かして、今後もアジアの舞台作品やそれを含む様々な状況を日本に紹介し、継続的な相互交流を行っていく予定である。

関連する事業

活動国・地域

「第8回アジア湿地シンポジウム」 (2017年11月) における「湿地とユース」セッションの企画・運営

バリ・金谷インターナショナルアートウィーク2016

次世代リーダー育成のためのアジア競技大会 インターナショナル・サイエンス・エンタプライズ・チャレンジ

多様な映画の観客育成プロジェクト(日本・インドネシア編)

日本・ASEAN・ボランティア・サービス (JAVS) 2016

国際キャンプ2015冬

活動分野

ネクストジェネレーション・イン・アジア 児童青少年演劇次世代計画プログラム

「東遊-あるいはあの日の恩情」日本公演

日比国際児の若者(JFY)と日本の若者との交流活動を通した新たな日比関係の構築

インドネシア ペーパームーン・パペット・シアター レジデンス&新作公演

ストアハウスコレクション -タイ週間-

日本とフィリピンにおける多文化理解のための演劇をつかった新しいワークショップの共同開発