伊勢原とバリ島をつなぐ小さな親善大使たち2・農業交流6(伊勢原とバリ島の国際交流8)

  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成27 (2015) 年度
助成額
JPY 1,468,968
活動国・地域
日本

伊勢原の郷土玩具「あぶ凧」が縁で、インドネシア・バリ島との交流が始まってから10年が経ち、その間、伊勢原で「NPO法人たこ凧揚がれ」、バリで「財団法人バリ聖地保存会」が組織された。その記念として、小学生の文化交流と大学生の農業交流を実施した。
 バリから小学生10名、大学生2名、関係者3名の計15名を招へい。広く市民が参加できる文化交流として、伊勢原市文化会館小ホールでの「奉納の舞」を開催し、会場満員となる成果を得た。同時に市内の小学生との合唱による交流、厚木市の小学校での1日体験交流と幅広い文化交流を行った。
 大学生農業交流も、多くの農業関係者や伊勢原市農協等に協力を得て、広範な農業研修を体験した。特に、バリのサラスワティ財団、日本の伊勢原市国際交流委員会、産業能率大学等と新たなネットワークを築き、持続的な交流基盤が生まれた。

関連する国/地域
日本, インドネシア

関連する事業

活動国・地域

アジア・ヘリテイジ・ネットワーク国際シンポジウムの開催 -アジア新興国の歴史的町並み保存活動支援に向けて-

ミャンマーにおける寺子屋支援―情操教育(音楽・美術)を通じて―

日本・ASEAN・ボランティア・サービス(JAVS)

カンボジア・東北・北九州のこどもたちをつなぐ「Smilink Action」

ネクストジェネレーション・イン・アジア 児童青少年演劇次世代計画プログラム

ミャンマー寺子屋教師招へい事業

活動分野

絵を通じての友好・中学校美術ワークショップ

スタディトリップインジャパン2015

第5回高校生国際交流写真フェスティバル

JELF設立20周年シンポジウム 『将来世代の権利と法的戦略~私たちに何が出来るか~』

インドネシア・アチェと東松島市の子ども国際交流事業 「被災地から未来への対話/壁画の架け橋」

全日本製造業世界コマ大戦2015