「伝統文化をもっと身近に!」交流事業

  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成30 (2018) 年度
助成額
JPY 325,917
活動国・地域
マレーシア

マレーシアのクアラルンプールとペナンで、日本の伝統芸能「江戸糸あやつり人形」の技法を使ったペットボトル人形の製作・操作ワークショップと、張り子の技法による人形の頭製作ワークショップを行った。ペットボトル人形は、日本の芸能をより身近に感じてもらうために、ペットボトルや段ボールなどを材料に使い、よりシンプルな構造にしたものである。

クアラルンプールのペトロナス・アート・ギャラリーで一般人を対象に行ったが、ほぼどの回も満席で、日本の伝統芸能への関心の高さをうかがわせた。
また、ペナンでは地元のアートコレクティブであるOmbak-Ombak ART Studioとマレーシア科学大学の協力のもと、ペナン教員養成校の学生と、現役の美術教員、人形芝居にかかわる人を対象にワークショップ行った。またOmbakの中には華人系の芸能「ポテヒ」(指人形)再興のために活動を行っているグループがあるが、そのメンバーと人形制作協力者を対象に、江戸糸あやつり人形の頭製作に使用される張り子の技法のワークショップを行った。

関連する国/地域
日本, マレーシア
協力団体/協力者
GALERI PETRONAS
マレーシア科学大学芸術学部
ombak-ombak art studio

申請団体より

ペットボトル人形のワークショップは、クアラルンプールもペナンも大変多くの人の参加があり、マレーシアの人の、こうした活動に対する関心の高さを知ることができた。ワークショップはおおむね好評で、マレーシアではあまり知られていない「江戸糸あやつり人形」について知ってもらうことができ、また普段は捨ててしまう材料を使うことで、環境問題についても考えることができたというコメントもあった。時間の関係で、ほとんどの材料を準備して、参加者は組立だけ行うワークショップになったが、もっとじっくりやりたかったという声もあったため、糸の長さの決め方など、より糸あやつり人形の構造を知ることができるようなワークショップも計画していきたいと考えている。
またオンバのメンバーとの頭製作ワークショップでは、作成した頭を使って、合同パフォーマンスを行う計画が進行中で、今後も連絡を取り合いながら、交流を続けていきたい。

関連する事業

活動国・地域

アジア太平洋ディスレクシア・フェスティバル2018

日本・マレーシア 野球技術普及交流事業

「見放されたものの組織化」交流プログラム

日本・マレーシア・カンボジア 野球技術普及交流事業

こどもたちによる日本とマレーシアの伝統舞踊の交流事業

市民による社会包摂型アートプロジェクトの日本・マレーシア間の交流促進とネットワーク構築

活動分野

マレーシアの人形劇ポテヒ -多民族国家の文化実践を知る

ストアハウスコレクション -演劇とダンスの間で-

フィリピン(レイテ島被災地タクロバン&ルソン島山岳地レパント)の子供たちを対象にした演劇ワークショップ

タイ山岳少数民族の子供たちを対象にした演劇ワークショップ

ベトナム(ホーチミン)にて日本文化を学ぶ明越日本語学校の青少年を対象にした演劇ワークショップ

劇団角笛シンガポール公演