インドネシア親善友好・交流事業

  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成27 (2015) 年度
助成額
JPY 1,050,000
活動国・地域
インドネシア

インドネシアで開催される「バンドン浜松文化祭」において、日本文化を紹介し、人と人との友好交流を主とした活動を行った。 まず、浜松インドネシア友好協会から30名がインドネシアのバンドンを訪問し、高校・大学で大学生と文化交流を行った。その後、「バンドン市205周年記念式典」に来賓として出席。関連イベントに出店し、浴衣の着付けや、綿菓子を振舞うなどの交流をした。 「バンドン浜松文化祭」は、バンドン外国語大学(STBA Yapari ABA Bandung)にて行われ、約1,000名が来場した。そこで飾り寿司の実演等を行い和食を提供。更に、着付けの実演や着物などの日本文化を紹介した。また、3回目となる日本語スピーチコンテストも実施し、日本語学習者に成果発表の場を提供した。

関連する国/地域
日本, インドネシア
協力団体/協力者
バンドン外国語大学

申請団体より

2015年の「インドネシア親善友好・交流事業」は、2つの周年事業と重なった。1つは、「バンドン市205周年記念式典」、2つ目は、「第10回バンドン浜松文化祭」。浜松市と交流協定締結されているバンドン市への祝賀行事に、私たち浜松市民の多くが参加できたことは、大変光栄なことであり、バンドン市長はじめ、バンドン市役所、バンドン市議、関係者、多くのバンドン市民との交流ができた。バンドン市民に日本・浜松を知って頂く機会となった。 「第10回バンドン浜松文化祭」では、10回目の記念としてお揃いの浴衣を用意し、日本の伝統的な祭りの装いを披露しながら、来場された多くのバンドン市の子供たち、学生と交流ができた。 日本語スピーチコンテストは、2015年で4回目の実施となったが、学生達には日本語の能力を高める学習の場でもあり、また、夢の日本行きのチャンスとして希望の場ともなっていると、現地の日本語教育関係者からの評価を得ている。今後も、継続してコンテストを行なっていきたい。

関連する事業

活動国・地域

スケート・スポーツ 次世代人材発掘プロジェクト

アセアンの国々で文化交流を通して、マナー方法を開発

防災文化セミナー「スマトラ沖地震津波より10年を経て」 – 文化と防災を軸とした交流 -

次世代リーダー育成のためのアジア競技大会 インターナショナル・サイエンス・エンタプライズ・チャレンジ

日本・ASEAN・ボランティア・サービス (JAVS) 2016

日本・インドネシアの若者が共に考えるインドネシアのごみ事情 ~村ツーリズムの開発とともに~

活動分野

日本・ASEAN国際ボランティア・サミット

ベトナムとタイの日本語学習者と日本人NPO会員が、異文化コミュニケーションギャップについて議論を交し、相互理解を促進する事業

日タイ絵本を通じた国際交流推進事業

Sustainable Education Summit 2017

JELF設立20周年シンポジウム 『将来世代の権利と法的戦略~私たちに何が出来るか~』

経済発展と国際開発 ~アジアの相互協力の構築を目指して~