日本とインドネシアの若者による地域資源を活用した持続可能な開発のための活動

  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成30 (2018) 年度
助成額
JPY 1,000,000
活動国・地域
インドネシア

日本インドネシア両国の若者が、自然資源を活用した持続可能な社会に向けて行動する力を育むことを目的とした事業。
インドネシア・中央カリマンタンに位置するタンジュン・ハラパン村では、アブラヤシプランテーションで働く村人が多い一方で、その持続可能性に疑問を感じる村人達もいる。アブラヤシに依存せず、村の地域資源を持続可能に利用する事を目的に「タンジュン・ハラパン村青年団」が設立され、森林火災跡地での植林作業やエコツーリズムなどの事業を始めている。
これらの活動を促進するため、日本と村の若者が共同で森林火災跡地での在来樹種の植林や、新たな地域資源を見つけるための自然観察、ニッパヤシから塩を取り出す作業を行った。また、日本とタンジュン・ハラパン村の文化を理解するためのカルチャーボックスなどのワークショップを行った。これらの事業によって、日本の若者とタンジュン・ハラパン村の若者の間での相互理解が深まり、それぞれの国の文化や自然利用を考える機会になった。

ニッパヤシから塩をつくる様子

申請団体より

今回のプログラムは初めての試みであったが、とても有意義であった。日本の若者は生物に興味を持っている参加者が多く、彼らが生き物を見て喜ぶ姿を村人たちも楽しそうに見ていた。そして、日本の彼らが喜ぶようにと様々な生き物を捕まえてきて見せてくれた。こうした交流は、地域の自然を見つめなおし、地域資源の価値に気付くことにつながるであろう。
今後の活動として、2019年4月には村の若者2名が来日し、村での取り組みについて発表をすることになった。また、来日時に、本プログラムに参加した日本の若者と一緒に循環型農法が行われている日本の里山で一緒に活動をする予定である。こうした相互交流を今後も続けていくつもりである。

関連する事業

活動国・地域

インドネシア・アチェと東松島市の子ども国際交流事業 「被災地から未来への対話/壁画の架け橋」

仮面舞踊を通した日本とインドネシア文化交流事業

日本・インドネシアの若者が共に考えるインドネシアのごみ事情 ~村ツーリズムの開発とともに~

日本とインドネシアの介護文化に基づく介護教育TOTプログラムの調和化

アセアンの国々で文化交流を通して、マナー方法を開発

経済発展と国際開発 ~アジアの相互協力の構築を目指して~

活動分野

「第8回アジア湿地シンポジウム」 (2017年11月) における「湿地とユース」セッションの企画・運営

JELF設立20周年シンポジウム 『将来世代の権利と法的戦略~私たちに何が出来るか~』

ジャカルタお掃除クラブ日本訪問2 ~日本式お掃除文化をさらに深く考える~

多様な人々が参加するレジリエントな復興をめざして:世界津波の日制定記念シンポジウム

防災文化セミナー「スマトラ沖地震津波より10年を経て」 – 文化と防災を軸とした交流 -

日本・インドネシアの若者が共に考えるインドネシアのごみ事情 ~村ツーリズムの開発とともに~