「ワークショップを通じた子どもの絵の国際交流」事業 ~日本・ミャンマー外交関係樹立 60周年記念事業~

  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成26 (2014) 年度
助成額
JPY 1,403,731
活動国・地域
ミャンマー, 日本

ミャンマーと日本の子どもの、絵を通した交流事業を実施。 ミャンマー・ヤンゴンでは、養育施設ドリームトレイン等の子ども達約100名が日本人指導者から絵の指導を受けて作品をつくった。また、学校創立50周年を迎えるヤンゴン日本人学校の生徒とヤンゴンの子ども達200人余が、巨大な和紙に「私の生まれたところ、故郷」をテーマに8枚の絵を共に描き上げた。これらの作品を両国の会場で展示した。 東京の展示会場では、ヤンゴンでの展示の模様やワークショップに励む子ども達の様子を捉えた映像を披露した。

関連する国/地域
日本, ミャンマー

申請団体より

当団体の「こどもの絵展」事業は2008年中国から始まり、毎年、タイ、韓国、インド、ベトナム、ネパールで実施してきた。2014年は日本とミャンマーの外交関係樹立60周年を迎える記念すべき年であり、この事業をヤンゴンと東京で実施した。 2015年台湾、2016年ラオス、2017年はインドネシアと、こどもの絵国際交流10年記念事業として「チャイルドアートフェスティバル」を東京で実施した。2018年はフィリピンのダバオで行う。2019年は日本とメコン交流10年目の年であり、メコン周辺国で活動してきた当団体の経験を生かして新たな事業を企画している。 国や文化などの違いを超えたこども達を通じての国際理解と平和な世界作りに貢献することが当団体の合言葉であり、地道に現地で汗をかく活動を今後も継続していきたい。

関連する事業

活動国・地域

日本・ASEAN・ボランティア・サービス(JAVS)

ミャンマー・フレンドシップ・プロジェクト

アジア・ヘリテイジ・ネットワーク国際シンポジウムの開催 -アジア新興国の歴史的町並み保存活動支援に向けて-

International Development Field Camp for Myanmar and Japan Youth Leaders

International Development Field Camp for Myanmar and Japan Youth Leaders

日本とミャンマーのアジア青少年国際交流およびフレンドリーマッチ

活動分野

国交樹立50周年記念 ~和の文化を伝える~ 「九州の女」祭り in シンガポールにて 親子で楽しむ表現ワークショップ 金子みすずの世界&マーライオン

御朱印船を活用した日越交流促進プロジェクト

日越45周年記念事業「Mottainai2018」パッケージクラフト展

第2回ぐんまカップ

第11回アジア国際子ども映画祭北見大会

ミャンマーと日本をつなぐ旅