神戸‐アジア・コンテンポラリーダンス・フェスティバル#4 ジェコ・シオンポ プログラム

  • アジア・文化創造協働助成
採択年度
平成29 (2017) 年度
助成額
JPY 1,905,000
活動国・地域
日本

アジアおよび日本で活躍するアーティストの身体表現を通して、多様な価値観が混在しながら共生するアジアの〈現在〉を紹介する。2001年に始動し、これまで合計8回、そのうち神戸で3回開催した。2017年は、「新長田におけるアジア、家族の系譜」をコンセプトに掲げ、マルチエスニックタウンである新長田の文脈を“家族”をキーワードに掘り下げた。助成対象事業としては、フェスティバルのオープニング・パフォーマンスとしてジェコ・シオンポとの協働プログラムを実施。「国内ダンス留学@神戸」参加者と地域住民を合わせて計60名を越える出演者を、ジェコ・シオンポが振り付け、劇場を越えて新長田の3つの商店街でパフォーマンスを展開した。

関連する国/地域
日本, インドネシア
協力団体/協力者
Jecko Siompo
JeckoSDANCE

申請団体より

ジェコ・シオンポは、インドネシア・パプア地方の民族舞踊(動物を狩る際の舞踊)とヒップホップを融合させ、「アニマル・ポップ」という独自の手法を編み出した振付家である。今回、下町芸術祭のオープニング・パフォーマンスとして、60名を越える国内ダンス留学@神戸 6期生及び子どもから大人までの地域住民が、ジェコの振付を基に新長田の商店街を闊歩した。ダンサー、ノン・ダンサー、子どもからお年寄りまでの多世代がゆるやかに繋がる場を形成し、新長田ならではの家族のあり方を通して、コミュニティのあり方の可能性を提示した。

関連する事業

活動国・地域

あいち国際女性映画祭2015

日本ラオス外交樹立60周年記念 映画プロジェクト

アセアン諸国における企業メセナの促進とネットワーク構築に向けた調査・協議

『クロス・トランジット』 プロジェクト

日本棋院 ASEAN 囲碁研修

シンガポール・エスプラネード=サントリーホール グローバル創造協働プロジェクト

活動分野

国際共同製作『RE/PLAY DANCE Edit』

Jejak-旅Tabi Exchange Wandering Asian Contemporary Performance

日本・東南アジア舞台芸術共同制作プロジェクト

北村明子 アジア共同制作第2弾 『Cross Transit 最終章』

ヨコハマ・パラトリエンナーレ2017

「ZETTAI RED」 シンガポールミュージシャンとの協業によるパフォーマンス作品の上演