北村明子 アジア共同制作第2弾 『Cross Transit 最終章』

  • アジア・文化創造協働助成
採択年度
平成29 (2017) 年度
助成額
JPY 4,691,393
活動国・地域
インドネシア, 日本, タイ, カンボジア

振付家・ダンサーの北村明子が、2015年から取り組んでいるアジア共同制作プロジェクト「Cross Transit」の活動。日本、カンボジア、ミャンマー、インド・マニプールの地域・伝統文化の調査を行い、出会った文化を元に、また巡り合ったアーティストとともに作品作りを行ってきたもので、2017年度には、インドネシアやタイ、ボルネオにて舞踊や武術、音楽のリサーチを、芸能の宝庫と称される佐渡島でクリエイションを行い、これまでの作品の幅を広げた。その成果をカンボジア・プノンペン、東京で公開し多くの観客と共有。今後世界各地で上演するための基盤をつくった。

平成31年度事業 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/grant/cc1926/
平成27年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/grant/cc1523/
関連事業 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/grant/cc1825/

photo: Hiroyasu Daido
photo: Hiroyasu Daido
photo: Sopheak Vong
photo: Kim Hak
photo: Kim Hak
関連する国/地域
日本, インドネシア, タイ, カンボジア, インド

申請団体より

カンボジア、インドネシア、そして日本のダンサーによる継続的な共同作業は、背景の異なる土地に生きる身体に蓄積された時間が出会う過程そのものであり、現代の舞踊語彙を拡張する機会になった。 また、2017度から新たにドラマトゥルクとして、インド・マニプールの音楽家Mangangsana氏を迎えたこと、また、音楽ディレクターの横山裕章氏が音楽のリサーチと録音へボルネオに赴いたことで、これまで課題だと感じていた、現地音楽家との共同作業を深め、ネットワークを構築することに向き合うことができた。さらに佐渡を拠点とする太鼓芸能集団の鼓童からアーティストを迎えたことで、音楽面においても日本とアジアの音が混じり合い、本プロジェクトにしか生み出せない、音楽と舞踊のうねりを作り上げることができたと考えている。 その成果は、カンボジア・プノンペンのDepartment of Performing Arts Theaterと、東京のせんがわ劇場にて発表することができ、この後、KAAT神奈川芸術劇場で発表する『Cross Transit 2(仮)』へ引き継がれる。

関連する事業

活動国・地域

国際共同制作『RE/PLAY DANCE Edit.』

Asian Dramaturgs’ Network 2018 Satellite Meetings

Community Art Project in Afflicted Areas of Tsunami – Japan and Aceh –

東南アジアにおける資本主義のあり方に関する共同研究

日本・インドネシア 伝統音楽交流 コラボレーション事業

インドネシアの消滅の危機にあるBeaten Bark製の絵巻物ワヤンベベルの保全継承を、社会全体で具体的に促進していく日イ協働の支援・応援プロジェクト

活動分野

北村明子 Cross Transit project

Contemporary Asian Masks:Reconfiguration and Transformation

International Co-production – RE/PLAY DANCE Edit.

北村明子 Cross Transit project 『土の脈』

日本・インドネシア・シンガポール 国際共同制作プロジェクト 音楽/映像/舞台芸術『島嶼の王国-辺境の女性』

Jejak-旅Tabi Exchange Wandering Asian Contemporary Performance