アジア爆音映画祭 ASIAN BAKUON FILM FESTIVAL

  • アジア・文化創造協働助成
採択年度
平成27 (2015) 年度
助成額
JPY 3,668,121
活動国・地域
日本

9月27日から10月1日までの5日間、渋谷のライヴハウス、WWWとWWWXの2カ所を会場として、ライヴ、映画、上映、DJ、トークなどを行った。タイからミュージシャンを招き、共演等を行いミュージシャン同士の交流も深めた。また、タイのイサーン地方を舞台にした映画を、「社会派映画」「大衆映画」という2つの枠組みに分けて上映した。すべての作品に独自字幕を付け、上映用のブルーレイ・ディスクを制作。アピチャッポン特集では本年ロードショーされた新作『光りの墓』、短編を集めた『アート・プログラム』、東京国際映画祭などで上映された『アイアン・プッシーの大冒険』を上映特集前日にはア・ウ監督本人も来場した。また、富田克也監督の最新作『バンコクナイツ』の東京プレミア爆音上映、6作品のうち、4作品は日本初上映作品であった。

平成29年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/grant/cc1755/
平成30年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/grant/cc1818/

関連する国/地域
日本, タイ

関連する事業

申請団体

爆音映画祭2018 特集タイ|イサーン VOL.2

活動国・地域

ダンス イン アジア 2019 〜ダンスラボトリープロジェクト イン インドネシア

2020世界災害語り継ぎフォーラム(2020テルネットフォーラム)

Play Campaign 2019 – Sharing experience of Japanese Adventure playground, the concept of Playworker and advocacy of adventure playground between Japan – Vietnam, in the meaning of modern education view for children

第3回アジア未来会議 ASEAN「宗教と社会」円卓会議《東南アジアの社会環境の変化と宗教の役割》

Mekong Hub for Cultural Changemakers: Cultural Leadership in SE Asia

サクラコレクション2017-2018

活動分野

アセアン諸国のTVメディアとの番組共同製作+ワークショップ 2015!IN VIETNAM

SEAFIC Southeast Asia Fiction Film Lab 2017-2018 Program, Sessions 1-3

Manila, Tokyo, FESTIVAL OF THE RECENTLY POSSIBLE 2019: Towards an Asian Network of Digital Art & Sound

「マンガ・アニメを活用したまちづくり」を活かした東南アジアと新潟市と若手人材交流事業

日本ラオス外交樹立60周年記念 映画プロジェクト

山形ドキュメンタリー映画道場2018