爆音映画祭2019 特集タイ|イサーン VOL.3

  • アジア・文化創造協働助成
採択年度
平成30 (2018) 年度
助成額
JPY 3,764,452
活動国・地域
日本

映画の新たな見方を提案する「爆音上映」を手掛けるboid、映画『バンコクナイツ』を制作した空族、イサーン地方を含め多様な音楽を紹介するSoi48による協働事業。3年目となる今年は、ライブ1日、上映とトークを3日間で構成。
音楽ライブは、モーラム歌手のアンカナーン・クンチャイとプロイ・クンチャイ、ケーン奏者のポンサポーン・ウパニを招へい。ヒップホップデュオ、JUU & G. JEEとともにアンカナーン・クンチャイ・パッタナー・バンドとして、異なるジャンルを融合させた新たな視点の音楽を紹介。日本で唯一のピンプラユックバンド、MONAURAL MINI PLUGほか、日本のミュージシャンとも共演し、これまで重ねてきたリサーチおよび音楽における交流の成果を示すことができた。
上映は、タイ映画の新作に加え、過去に上映して高評価を得たイサーンが舞台の映画をプログラム。タイ・イサーン音楽界を代表するプロデューサー、スリン・パークシリ氏を迎えてのトークも開催した。さらに今回は、裾野を広げてカンボジアの映画も紹介するとともに、富田克也監督とYOUNG-Gなどのトークを通し、カンボジアの最新情報も発信。イサーンに限らず東南アジアの歴史と音楽が広く俯瞰できるラインナップで構成した。観客が新たな文化に触れることで、アジア地域の文化に対する興味をさらに深めることができた。

平成27年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/grant/cc1565/
平成29年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/grant/cc1755/

『ザ・ムーン』 © 2011 SAHAMONGKOLFILM INTERNATIONAL CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED
『カンボジアの失われたロックンロール』
『ラップ・イン・プノンペン』 © kuzoku
関連する国/地域
日本, タイ, カンボジア
協力団体/協力者
株式会社 空族
Soi48

申請団体より

タイをはじめとするアジアの国の貴重な文化を紹介する機会となった。またこれまでの出演者とは交流を続け、相互に刺激を与え合う関係ができた。また若い観客が増えているので、アジアと日本との理解を深め、友好的な関係づくりにも期待したい。そのためにもさらにリサーチを続けて、継続的に本企画を開催をすることを目的とする。 また、新たな展望として、爆音上映や日本のミュージシャンのライブをタイやカンボジアなどで開催することも視野に入れて活動を続けてゆく。
課題としては、今後は他の団体や機関などからの資金サポートを探る必要がある。

関連する事業

活動国・地域

Co.D.Ex. ダンス・アジア・コラボレーション

Zine & self publishing culture research

インドネシアの消滅の危機にあるBeaten Bark製の絵巻物ワヤンベベルの保全継承を、社会全体で具体的に促進していく日イ協働の支援・応援プロジェクト

ASEAN国際野球プログラム2018

山形ドキュメンタリー映画道場2018

小池博史ブリッジプロジェクト 汎アジア計画 『戦いは終わった-マハーバーラタより』タイ制作・タイ&東京公演ツアー

活動分野

Manila, Tokyo, FESTIVAL OF THE RECENTLY POSSIBLE 2019: Towards an Asian Network of Digital Art & Sound

DigiCon6 ASIA

日越ジョイントスペシャルテレビ

「マンガ・アニメを活用したまちづくり」を活かした東南アジアと新潟市と若手人材交流事業

DigiCon6 ASIA

Tokyo Docs 2016

協力団体

爆音映画祭2018 特集タイ|イサーン VOL.2