グローバルワークキャンプ in ASO

  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成30 (2018) 年度
助成額
JPY 1,054,720
活動国・地域
日本

多言語によるコミュニケーション力を高め、異文化理解と、グローバル人材の育成を目指した3泊4日の合宿型ワークキャンプ。 日本人学生39名と、12か国26名の留学生を含む外国人学生が、「教育」「環境」「観光」「防災」をテーマに4つの分科会に分かれ、社会問題を話し合った。問題の解決方法を模索する過程で、経験や価値館が異なる者同士が、自らの考えを説明し互いに理解しあうという体験ができた。また、分科会活動以外にも、基調講演や将来の夢について語り合う時間や、会場となる阿蘇の歴史や神話について学ぶ時間も設けた。

関連する国/地域
インドネシア, タイ, ミャンマー, 韓国, 台湾, モンゴル, etc.
協力団体/協力者
日本文理大学
ミラー財団

申請団体より

今年は「観光」、「環境」、「教育」、「防災」の4つのテーマに分かれて、日本人学生と外国人学生がそれぞれの社会問題とその解決方法について意見を出し合った。 外国人学生には留学生だけではなく、海外から招へいした学生も参加したが、彼らの発言は、分科会を進める上で貴重な存在であり、それぞれの抱える問題を考える中で大きな刺激となり得るものだった。 学生が実行委員として自主的にプログラムを企画・運営する中で、今年は留学生が実行委員会に加わったことにより、日本語が理解できない外国人学生に対する配慮がなされ、外国人学生にとっては参加しやすい内容になったと思われる。 また初めての試みとして、1つの分科会を全て英語で行ったが、思ったより活発に意見交換が行われたので、今後も継続していきたいと思う。

関連する事業

活動国・地域

多様な人々が参加するレジリエントな復興をめざして:世界津波の日制定記念シンポジウム

スケート・スポーツ 次世代人材発掘プロジェクト

ランバンサリ結成30周年記念特別公演「インドネシア・スラカルタ マンクヌガラン王宮様式のガムランと舞踊」を中心としたジャワ島中部の王宮ガムラン文化の普及・交流事業

カンボジア人監督招へい事業

アジアにおける気候変動・防災問題に関する国際シンポジウム開催と経験交流

アジア太平洋ディスレクシア・フェスティバル2018

活動分野

農業の持続性の3要素の実現に向けてフィリピン・アブラ州と兵庫県・丹波市の農業交流の試み

日本とカンボジア相互の教育実践交流事業

日越45周年記念事業「Mottainai2018」パッケージクラフト展

International Development Field Camp for Myanmar and Japan Youth Leaders

第5回高校生国際交流写真フェスティバル

バリ・金谷インターナショナルアートウィーク2016