ミャンマーと日本をつなぐ旅

  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成29 (2017) 年度
助成額
JPY411,640
活動国・地域
日本

「ミャンマーと日本をつなぐ旅」は、国際基督教大学4年の山中美有(やまなかみう)と上智大学1年の猶井咲喜(なおいさき)が2017年10月に開催したミャンマーの学生を対象にしたスタディーツアーである。2017年3月に2人が実際にミャンマーを訪れ、書類審査と面接により選考したミャンマーの学生(4名)を招へい。「教育」をテーマにした本スタディーツアーでは、来日した学生たちと共に、日本の高校での授業体験、部活動見学、ホームステイ、山梨県小菅村にて田舎の暮らし体験、過疎地域の小学校訪問、国際基督教大学での「教育」をテーマにしたユース会議などを行った。本スタディーツアーはミャンマーと日本の未来を担う若い世代の交流を活発にすると共に、国の枠を超えて「教育」について学び合いこれからの教育の在り方について新しい視座を得ることを目標としていたが、目標は一定の成果を得た。

関連する国/地域
日本, ミャンマー

申請団体より

同じ学生という立場で出会い、6日間を通して共通の問題意識を持って過ごしたことで、私たちは国や文化を超えてお互いを深く理解し合うことができた。教育をテーマにしたプログラムを通して、両国が抱える共通する課題の発見や、お互いの国の教育から学ぶことが多くあり、両国の学生にとって自分の国の教育について改めて向き合う良い機会になった。 本プロジェクトは国際交流基金を始め、多くの人々のご支援なしには実施することができなかった。素晴らしい機会をいただいた私たちが6日間を通して築いた繋がりが、未来のミャンマーと日本のより良い関係へと発展することを期待する。私たちは全ての支援者の皆様への感謝を胸に、今回得た学びを活かしてミャンマーと日本の若い世代の交流の活性化のために何ができるのか模索して行きたい。

関連する事業

活動国・地域

ベトナム・市民ボランティアとの協働による市民交流と西洋館の活用・観光の活性化

日タイ絵本を通じた国際交流推進事業

女性や高齢者が生き生きと暮らす持続的な社会をASEAN女性起業家と考える国際交流事業

タイ人選手のJリーグクラブアカデミーへの短期留学および交流事業

ぐんまカップ

マーク・テ『Baling』を通して歴史との向き合い方を考える/上演+レクチャー+リサーチプロジェクト

活動分野

日本とカンボジア相互の教育実践交流事業

2015アジアフォーラム in 石川

伝統文化を東京からアジアへ広げようプロジェクト委員会

御朱印船を活用した日越交流促進プロジェクト

湘南とアジアの若者による未来創造事業

ベトナムの震災後支援への御礼とお箸文化交流