ベトナムとタイの日本語学習者と日本人NPO会員が、異文化コミュニケーションギャップについて議論を交し、相互理解を促進する事業

  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成26 (2014) 年度
助成額
JPY 1,500,000
活動国・地域
ベトナム

申請団体の会員と、タイのタマサート大学とベトナムのハノイ貿易大学の学生が貿易大学に集まり、3か国の文化交流会を実施した。小人数のグループに分かれての「コミュニケーションギャップ」をテーマにした討論会や、伝統芸能、習慣、歴史などの文化紹介を行い、約100名が日本語で交流した。日本人参加者は、書道、華道、茶道、着物の着付けを紹介し、学生たちは各自興味のある日本文化を体験。最後は民族衣装のファッションショーで交流会をしめくくった。

平成27年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/grant/pp1561/

関連する国/地域
日本, タイ, ベトナム

申請団体より

いつもは当NPOの会員と相手国の学生の1対1のメールでの交流が主だが、両国の学生と日本人会員が一堂に会し、日本語で話し合い、お互いの伝統文化を披露し体験することで、複数の関係を築き、相互理解を深めた。この交流会に参加した両国の学生の多くはその後、日本に1年間の留学を経験しているが、その後も日本に対しての興味は尽きず、日本企業または母国にある日系企業に就職した学生も多い。彼らと当NPOの会員とは大学卒業後も交流が続いており、日本人会員と両国の若者との絆は年々強くなっていると思われる。

関連する事業

申請団体

国境や年齢を超えた多文化共生を図るための日本・タイ・ベトナムの三国交流会

活動国・地域

ベトナム(ホーチミン)にて日本文化を学ぶ明越日本語学校の青少年を対象にした演劇ワークショップ

日本・ASEAN・ボランティア・サービス(JAVS)

ベトナム・市民交流によるまちづくり推進

東南アジアにおける漆工芸を通した文化交流事業

ベトナム・市民交流によるまちづくり推進

ベトナム・市民ボランティアとの協働による市民交流と西洋館の活用・観光の活性化

活動分野

日本・ASEAN国際ボランティア・サミット

ASEAN Japan Youth Friendship Project for 2020

2017アジアフォーラムin石川

International Development Field Camp for Myanmar and Japan Youth Leaders

ミャンマーと日本をつなぐ旅

アセアンの国々で文化交流を通して、マナー方法を開発