アジア太平洋ディスレクシアフェスティバル2017 東京

  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成29 (2017) 年度
助成額
JPY1,362,500
活動国・地域
日本

アジア太平洋地域のディスレクシア(読み書きの困難)当事者、支援者などの市民団体との交流を通じ、アジア太平洋のディスレクシアの人たちのネットワークを構築することを目的とする。文化、言語、宗教、歴史も異なる国々においてディスレクシアの人たちが活き活きと生活するための共通の課題に取り組む。 5月にシンガポールとタイ、8月にベトナムを訪問し、支援団体と当事者と会合を開き、現地の状況、教育の現状などについて情報交換をした。 10月に東京で開催した「アジア太平洋ディスレクシアフェスティバル2017」では、各国の活躍している若者(タイ、マレーシア)と支援者(シンガポール、インドネシアとベトナム、他の地域からも研究者や団体の代表)を招へいしシンポジウム、ワークショップ、ブース展示、才能展の形での啓発を行った。

関連する国/地域
日本, シンガポール, インドネシア, マレーシア, タイ, ベトナム, ブータン, インド, ニュージーランド, 香港
協力団体/協力者
Dyslexia Association Singapore

申請団体より

日本の参加者にはアジア各国でのディスレクシアに関する取組について知ってもらうことができ、同時にアジアの招へい者には日本の現状を伝えることができた。会場では日本人参加者やボランティアと海外からの招へい者が和気あいあいと交流をした。 イベント後には各国の登壇者それぞれがSNSにてイベントの様子を発信した。特に当事者にとっては初来日、イベントでの登壇、参加者との交流は有意義なものであった。また、アジア各国のディスレクシア関係者(教授、支援者、専門家)は当イベントで得た知識を活用し、自国でのディスレクシア支援に生かしている。 2020年に日本で開催が予定される世界ディスレクシア・フォーラムへ向け2016年、2017年に続き、2018・2019年もフェスティバルを企画中。イベントは毎年新たなメンバーを加え、ディスレクシアをとり囲む課題について異なるテーマについて考えて行きたい。

関連する事業

活動国・地域

日タイ絵本を通じた国際交流推進事業

ASEAN Japan Youth Friendship Project for 2020

第2回ぐんまカップ

アジア・ヘリテイジ・ネットワーク国際シンポジウムの開催 -アジア新興国の歴史的町並み保存活動支援に向けて-

日本・インドネシアにおける柔道ならびに柔道整復の交流事業

第11回アジア国際子ども映画祭北見大会

活動分野

日本・インドネシアにおける柔道ならびに柔道整復の交流事業

日本とインドネシアの介護文化に基づく介護教育TOTプログラムの調和化

アジア姿勢保持プロジェクト:寝たきりゼロのための姿勢保持普及に関する日本・タイ交流事業

日本・インドネシアにおける柔道ならびに柔道整復の交流事業

アジアンビートプロジェクト

アジアンビートプロジェクト 2015