ジャカルタお掃除クラブ日本訪問2 ~日本式お掃除文化をさらに深く考える~

  • 申請団体 ジャパンお掃除クラブ・ボランティア会
  • 日本: 神奈川
    • 環境・防災
    • 都市計画・まちづくり
  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成28 (2016) 年度
助成額
JPY 628,769
活動国・地域
日本

姉妹団体ジャカルタお掃除クラブ (JOC)が行っている、インドネシアでゴミのポイ捨てをなくす活動をサポート。2016年5月にJOCの選別メンバー8名が来日。今回は2回目の日本訪問で、更に深く日本文化としての掃除や規律等を掘り下げた。小学校では、道徳の時間を使って校長先生や先生も含めた対話を行い、学校の生活指導が環境意識の構築に果たす役割を学んだ。東京や大阪でのゴミ拾い活動では、JOCメンバーがゴミを大量に集め、ボランティア活動に対する意識の差について、日本人側に考えるきっかけを与えた。ゴミ工場やリサイクル工場の視察では、細部にわたり日本のゴミ処理を記録。幼稚園での環境活動にも参加し、子どもへのしつけや学校教育の違いについて保護者らと対話し、双方ともに文化的相違についても理解を深めた。

関連する国/地域
日本, インドネシア
協力団体/協力者
ジャカルタお掃除クラブ
特定非営利活動法人 グリーンバード
二ヶ領せせらぎ館

申請団体より

1)事業を行って得た成果
a) お掃除クラブのボランティア達の活動継続に対する意欲が高まった。ジャカルタでは5年、メダンでは3年、バニュワギでは2年、本日まで止まらずに活動が継続され、助成前は7都市だったお掃除クラブも今では11都市まで拡大した。
b) インドネシアの学校の日本の規律教育への興味が高まり、学校側からお掃除クラブへの学校訪問要請が増えた。

2)今後の展望
a) インドネシア全国にお掃除クラブの活動を普及させていくことを目標に、活動を地道に継続させること。 (継続は力なりに通じる。)
b) 日本視察を通じて交流が開始された各団体との継続的な対話、交流活動を行う。
c) 万国共通のボランティアたちの問題点である時間、お金、ノウハウの欠如をボランティアたちの使命感、やる気を国を超えて交流ができる楽しさや喜びで補いながら、いかに活動を継続させていくかが最大の課題。

関連する事業

活動国・地域

「ワークショップを通じた子どもの絵の国際交流」事業 ~日本・ミャンマー外交関係樹立 60周年記念事業~

災害からのコミュニティ再生の経験を学び合う日本・インドネシア交流事業

ぐんまカップ

草の根の社会包摂型アートプロジェクトの日本・フィリピン間の交流促進とネットワークの構築

バリ・金谷インターナショナルアートウィーク2016

カンボジア・東北・北九州のこどもたちをつなぐ「Smilink Action」

活動分野

JELF設立20周年シンポジウム 『将来世代の権利と法的戦略~私たちに何が出来るか~』

インドネシア・アチェと東松島市の子ども国際交流事業 「被災地から未来への対話/壁画の架け橋」

世界湖沼会議子ども交流事業

「第8回アジア湿地シンポジウム」 (2017年11月) における「湿地とユース」セッションの企画・運営

多様な人々が参加するレジリエントな復興をめざして:世界津波の日制定記念シンポジウム

日本・インドネシアの若者が共に考えるインドネシアのごみ事情 ~村ツーリズムのさらなる発展とともに~