第三回アジア太平洋地域会議 2016年日本開催

  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成27 (2015) 年度
助成額
JPY 1,391,496
活動国・地域
日本

International Forestry Student's Association(以下IFSA)に加盟する学生団体のうち、インドネシア、フィリピン、台湾、韓国から参加者を迎えいれ、京都近郊の森林や山村地域において日本の森林・林業を体験しながら学ぶ1週間のスタディツアーを実施。北海道大学で発足したIFSA-Hokkaidoの学生も招待した。
申請団体が所属している京都大学の協力の下、京都大学農学研究科森林科学専攻教授による授業や研究を紹介。また、実際に京都近郊の森林や山村地域を訪れることによって日本の森林・林業を体験しながら学んだ。最終日には、日本で学んだことや参加者同士での議論によって得られた知識を元に、各国の参加者による自国の森林についての発表会も開催。各国特有の問題や国際的な問題について議論し理解を深めた。

関連する国/地域
日本, フィリピン, インドネシア, 台湾, 韓国

申請団体より

はじめに開催に関わっていただいた全ての方々に、心から感謝申し上げます。 APRM(Asia Pacific Regional Meeting)がおわったあとも、参加者のみなさまとの間に強いつながりを感じ、まだAPRMが続いているかのようでおります。 この先それぞれ違う将来を歩むと思いますが、世界中で活躍するみなさんにいつか、 会期中の笑顔以上の最高の笑顔で再会できること楽しみにしております。

関連する事業

活動国・地域

ぐんまカップ

ランバンサリ結成30周年記念特別公演「インドネシア・スラカルタ マンクヌガラン王宮様式のガムランと舞踊」を中心としたジャワ島中部の王宮ガムラン文化の普及・交流事業

タイ映画をとおした文化交流の可能性を拓く ~アジアとの交流を日常化しつつある地方都市・別府から~

2015アジアフォーラム in 石川

International Development Field Camp for Myanmar and Japan Youth Leaders

健康都市交流事業 ~食生活と栄養改善に向けた健康文化の相互理解に向けて~

活動分野

災害からのコミュニティ再生の経験を学び合う日本・インドネシア交流事業

アジアにおける気候変動・防災問題に関する国際シンポジウム開催と経験交流

「あいでみ」 被災地 × 社会変革

日本・インドネシアの若者が共に考えるインドネシアのごみ事情 ~村ツーリズムの開発とともに~

世界湖沼会議子ども交流事業

「第8回アジア湿地シンポジウム」 (2017年11月) における「湿地とユース」セッションの企画・運営