日本・インドネシアにおける防災コミュニティラジオの経験共有事業

  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成26 (2014) 年度
助成額
JPY 1,130,688
活動国・地域
日本

自然災害が多発する日本、インドネシア、フィリピンでは、災害時において被災者が必要とする地域ごとのきめ細やかな情報を伝えるコミュニティラジオが大きな役割を果たしている。災害ラジオ局の活動を担ってきた3か国の実践者らが、コミュニティラジオの社会的役割をより明確に位置づけるため、国境を越えて互いの経験を共有し、機能を強化するとともにそれを広く発信した。

仙台で開催された国連世界防災会議での発表とアドボカシー活動、防災とコミュニティラジオをテーマにしたフォーラムの開催、東日本大震災被災地の災害ラジオ局の訪問、総務省の訪問等を行った。これらの活動を通し、経験と知識の共有に加えて、今後3か国が協力して取り組むプラットフォームを形成した。

平成29年度実績 http://grant-fellowship-db.jfac.jp/grant/pp1731/

関連する国/地域
日本, フィリピン, インドネシア

関連する事業

申請団体

災害からのコミュニティ再生の経験を学び合う日本・インドネシア交流事業

活動国・地域

日比ユース・ネットワーク構築のための日比国際児の若者(JFY)と日本の若者との演劇交流活動

湘南とアジアの若者による未来創造事業

健康都市交流事業 ~食生活と栄養改善に向けた健康文化の相互理解に向けて~

ジャカルタお掃除クラブ日本訪問2 ~日本式お掃除文化をさらに深く考える~

インドネシア地域防災構築事業

カンボジア・東北・北九州のこどもたちをつなぐ「Smilink Action」

活動分野

インドネシア地域防災構築事業

JELF設立20周年シンポジウム 『将来世代の権利と法的戦略~私たちに何が出来るか~』

災害からのコミュニティ再生の経験を学び合う日本・インドネシア交流事業

日本・インドネシアの若者が共に考えるインドネシアのごみ事情 ~村ツーリズムのさらなる発展とともに~

多様な人々が参加するレジリエントな復興をめざして:世界津波の日制定記念シンポジウム

日本・ベトナムによる環境教育プロジェクト