2015アジアフォーラム in 石川

  • 申請団体 アジアフォーラム in 石川実行委員会
  • 日本: 石川
    • 市民交流
  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成27 (2015) 年度
助成額
JPY 500,000
活動国・地域
日本

「アジアの中のニッポン~石川・金沢の魅力を探る~」のテーマのもと、川畑松晴(元金沢大学講師)をコーディネーターに迎え、アジア・オセアニア14カ国・地域からの参加者24名が、石川県内の大学生9名と、石川・金沢の魅力をともに学び、グローバルな視点から意見を交換した。 能登地方と白山市においてフィールドワークを行い、石川県の伝統文化や観光資源について理解を深めた。坂内良明(北國新聞社会部記者)の金沢市のまちづくりに関する講演では、それを元にディスカッションを行い、石川県青少年総合研修センターでのフォーラムで成果を発表。この発表に対して、行政と国際的な観点から善家正人(金沢市プロモーション推進課長)とコミュニケーターの早川芳子が、それぞれの体験や知識を生かしたコメントをした。その後、「国際交流まつり」を開催し、参加者とホストファミリーらとの交流を行った。

平成29年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/grant/pp1701/

関連する国/地域
日本, シンガポール, フィリピン, インドネシア, マレーシア, タイ, ベトナム, カンボジア, ラオス, 韓国, 台湾, 中国, オーストラリア, グアム, インド

申請団体より

参加者自身の体験に基づく意見や体験を交換しあい、地域や国境を越えた相互理解を深めると同時に、フィールドワークなどによる石川県の文化や伝統芸能の体験を通じて、石川県の魅力を参加者に伝えることができた。また、ホームステイや「国際交流まつり」を通じて地元青年及び地域の方々と等身大の交流を図ることにより、友情の輪を広げることができた。

関連する事業

活動国・地域

ドキュメント・越後妻有:ナウィン・ラワンチャイクンがみた限界集落

草の根の社会包摂型アートプロジェクトの日本・フィリピン間の交流促進とネットワークの構築

第8回世界俳句協会大会

保育・幼児教育文化交流(教師と学生・子ども)

「見放されたものの組織化」交流プログラム

第2回ぐんまカップ

活動分野

日本・ASEAN・ボランティア・サービス (JAVS) 2016

ミャンマー祭り2016 TOUCH IN MYANMAR ! 『触れる喜び・わかる喜び』

次世代リーダー育成のためのアジア競技大会 インターナショナル・サイエンス・エンタプライズ・チャレンジ

International Development Field Camp for Myanmar and Japan Youth Leaders

日タイ青少年による伝統文化の継承へのアプローチ交流プログラム~タイ舞踊の公演と継承、日本の‘道’の発表と鍛錬と継承

インドネシア・アチェと東松島市の子ども国際交流事業 「被災地から未来への対話/壁画の架け橋」