第8回世界俳句協会大会

  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成27 (2015) 年度
助成額
JPY 376,180
活動国・地域
日本

世界俳句協会大会は、俳句を楽しむ世界中の人たちが集まり、俳句の朗読、創作、講演などを通して交流する場を提供している。第8回世界俳句協会大会は、「無限の対話」というテーマのもとに開催。俳句を起点として様々なジャンルとの対話を試みる画期的な大会であり、14の国・地域から詩人、俳人が集まり、様々な形で俳句を楽しんだ。 3日間の会期中、参加した各詩人の母語とその英語訳による俳句朗読会が5回に亘って行われ、19の講演プログラムでは各国における俳句をとりまく状況等が報告された。例えば、俳句が女性にどのように受け入れられてきたかを、日本、ポルトガル、ベトナムの女性が発表。更に、「俳句と雅楽」「俳句と絵」「俳句と映像、音楽」「俳句と踊り」「落語と俳句」「ことわざ」など、様々なジャンルからの提案も行われた。最後に「墨書パフォーマンス」が行われ、数人が舞台に置かれた用紙に俳句や名前を墨と筆で書き、大いに盛り上がった。

関連する国/地域
日本, ベトナム, etc.

申請団体より

本大会は、14カ国からその国を代表するような詩人や俳人が参加したが、ヨーロッパやアメリカだけでなく、ベトナム、モンゴル、中国などのアジアや、南米コロンビアからの参加があったのは大きな成果といえる。今回は、ベトナムの俳句団体を代表して2名の俳人の訪日に関して、アジアセンターに助成してもらったが、多くの国の詩人、俳人と交流を図れたのは多いに刺激になったとコメントがあった。俳句を中心に竜笛や能などの日本の文化を実際に紹介できたのも成果の一つだ。 次回は2017年9月にイタリアのパルマで開催されるが、地理的にヨーロッパ大陸の国々からの参加が多くなる。日本以外の国での開催は歓迎したい。

関連する事業

活動国・地域

日本タイ市民・青少年 空手道共同研鑽・文化経済相互理解・友好促進事業

-防災レジリエンス・ツールをアジア諸国で拡散する市民ネットワークを構築する- 防災レジリエンス・フォーラム2015 TOKYO

日本タイ市民・青少年 空手道共同研鑽・国際文化交流・友好促進事業

ランバンサリ結成30周年記念特別公演「インドネシア・スラカルタ マンクヌガラン王宮様式のガムランと舞踊」を中心としたジャワ島中部の王宮ガムラン文化の普及・交流事業

ジェコ・シオンポ ダンスコラボレーションプロジェクト

日本とインドネシアの介護文化に基づく介護教育TOTプログラムの調和化

活動分野

和太鼓ツアー in カンボジア

防災文化セミナー「スマトラ沖地震津波より10年を経て」

南島芸術交流~ジョグジャカルタ・石垣島 伝統芸能が生きるまちがまじわる

防災文化セミナー「スマトラ沖地震津波より10年を経て」 – 文化と防災を軸とした交流 -

ベトナム・市民交流によるまちづくり推進

こどもたちによる日本とマレーシアの伝統舞踊の交流事業