ひとつの机とふたつの椅子 one table two chairs meeting 2017

  • 申請団体 特定非営利活動法人 劇場創造ネットワーク
  • 日本
    • 演劇
  • アジア・文化創造協働助成
採択年度
平成29 (2017) 年度
助成額
JPY 6,730,012
活動国・地域
カンボジア, マレーシア, シンガポール, 日本

アジアの舞台芸術へのあたらしい視点の発見と、未来につながるネットワークづくりを目的とした3年間の継続プログラムの2年目として本事業を実施した。次代を担う若手演出家、俳優、アーティストを日本に招き「登場人物はふたり、舞台装置はひとつの机とふたつの椅子だけ、上演時間は20分」といった共通の制約のもと創作した作品を上演、とういう事業の核となる部分は初年度のまま、加えて今回は新たに「越境」を副題に据え、3つのプログラムを実施した。
1つ目は、ワークショップやリハーサルといった事業プロセスの公開。 2つ目は、インドネシアとカンボジアからの参加者を講師とした、レクチャー・ワークショップ。 3つ目は、作品上演と観客を交えたポストパフォーマンス・トーク。
関係者だけではなく、一般来場者も自由に参加できるプログラムを用意し、意見を交換できたことで、立場を越えて互いに歩み寄る良い時間が持てた。今回結ぶことができた関係を未来へとつなげ、3年目の実施も実り多いものとしたい。

平成30年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/grant/cc1817/                     平成28年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/grant/cc1607/

関連する国/地域
日本, シンガポール, フィリピン, インドネシア, マレーシア, タイ, ベトナム

申請団体より

今回は1年目の課題をふまえ、全参加者で共有する時間を多く設けた。 参加者は5つのグループに分かれ創作と上演を行ったが、創作の前段階として、来日前にグループごとにそれぞれ代表の国で事前ワークショップを実施した。この事前ワークショップは相互理解のきっかけをつくる有意義な試みとなった。来日後は、一般来場者を含め誰でも参加可能なワークショップの実施と、稽古を自由に見学できる公開時間を設けたことで、グループや国、立場を越えた深い交流ができた。これらのプログラムは、事業の実施期間を長めにとれたことで実現が叶ったのだが、国内外から計14名のアーティストをまとまった期間で招聘できたことは、国際交流基金の助成なしでは難しかったと実感している。 嬉しい知らせもあり、1年目につづき本事業に参加をしたシンガポールのリュウ・シャオイが2017年12月に自国で同様の催しを行った(本事業の代表者・佐藤信も協力をした)。今後、アジア各国で協働開催の文化芸術イベントを増やせるよう、ネットワークの更なる拡大を目指したい。

関連する事業

申請団体

ひとつの机とふたつの椅子 one table two chairs meeting 2018

ひとつの机とふたつの椅子とシェイクスピア one table two chairs meeting 2016

活動国・地域

カンボジア, サンボー・プレイ・クック遺跡群の保全に関わる人材育成

Mekong Hub for Cultural Changemakers: Cultural Leadership in SE Asia

ひとつの机とふたつの椅子とシェイクスピア one table two chairs meeting 2016

『クロス・トランジット』 プロジェクト

アジア、女性、舞台芸術をめぐるプラットホームの持続化と発展

DigiCon6 ASIA

活動分野

結城座×ベトナム青年劇場 2016 日越国際協働制作 『野鴨中毒』

シンポジウム&コンサート 『アジアにおける伝統と創造 Noh×Contemporary Music Vol.4』

青年団+大阪大学 ロボット演劇プロジェクト アンドロイド版『変身』アジアツアー

結城座×ベトナム青年劇場 2015日越国際共同制作 『野鴨中毒』

日本・フィリピン・タイ アジア共同プロジェクト

アジアTYAネットワークプログラム