ウェビナー「ウィズコロナの時代を切り開く社会起業家の在り方」

  • アジア・市民交流助成
採択年度
令和2 (2020) 年度
助成額
JPY 167,200
活動国・地域
オンライン

国境を越えた移動が困難なコロナ禍であっても、ASEAN諸国及び日本の社会起業家がアイディアを交換し合い、社会課題の解決に向けて互いを高めあえるようにするために、オンライン上で起業家の国際交流を目的とするセミナー。さらに、ビジネスプランを相互評価し、起業家がより現実的かつ説得力のあるビジネスプランを作成できるようになる事を目標とした。 またウエビナーでは、国内外で活躍する起業家などをゲストとして招待し、ビジネスプランを評価し、相互の学びの機会とした。起業家同士のディスカッションを行い、コロナ禍にあっても、きびしい状況におかれている女性、こども、難民の人々と共に歩む道を選択し、前向きに事業を続けるASEANの起業家たちの生の声を日本や世界から集まった人々に届けることができた。

申請団体より

終わりの見えない新型コロナウイルス感染症との戦いの中で、今、最も重要なことは、新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受け、さらに厳しい状況に置かれている人々と共に歩むために、アジアの社会起業家が今まで以上に交流を深め、ビジネスアイディアを共有し、社会課題解決に取り組むことだと考えた。コロナ禍だからこそ、どこにいても参加することが出来るウェビナーを開催し、日本とASEAN諸国の社会起業家の交流の機会を設け、社会起業家の発掘・育成を行うことが大切であると考え実施した。参加者からは、「国は違ってもみんな一つの方向に向かっているのだなと感じた」「わたしたちは未来しか見ない、という言葉が印象的だった」など、ASEANの起業家の持つ熱意や先に向かう力に勇気付けられたとの感想が多く聞かれた。

関連する事業

活動国・地域

アジアにおけるエクスプレッシブダンスプロジェクト

テラジア―隔離の時代を旅する演劇―

東京芸術祭ファーム Asian Performing Arts Camp

ディアボロミーティング -オンライン 2020-

ミャンマーと日本の若者が共に学び考える「農業の現状と持続可能な食糧生産」アクションプラン

川崎フロンターレ ドリームチームセレクション

活動分野

第27回アジア国際ネットワークセミナー

日本とカンボジアの大学生による科学実験教室の協働開発及び開催事業

女性や高齢者が生き生きと暮らす持続的な社会をASEAN女性起業家と考える国際交流事業

オルタナティブな農・食・流通・教育の先駆者との交流から創るタイNGO・新時代への挑戦3

インドネシアなどアジア太平洋5カ国と日本のチェンジメーカー育成・交流事業

日本の地方地域とASEANにおける伝統継承と持続的なビジネスについて考える女性起業家交流事業