ジョグジャカルタ市における人形劇 “What is it like to be me?”の上演と関連ワークショップ、レクチャー、シンポジウムの開催

  • 申請団体 Tokyo Independent Collaborator
  • 日本: 東京
    • 演劇
  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成26 (2014) 年度
助成額
JPY 743,500
活動国・地域
インドネシア

ジョグジャカルタを拠点に活動する人形劇団Papermoon Puppet Theatreが2年に1度主催している国際現代人形劇フェスティバル「ペスタボネカ」(2014年12月5日~7日、10ヵ国11団体が参加)への参加にあわせて企画。
ペスタボネカに於いて、申請団体は科学実験からヒントを得た観客参加型の人形劇作品“What is it like to be me?”を上演し、その後上演作品に使われた科学のアイデアを分かりやすく伝えるために人形劇との関連や科学的な背景をプレゼンテーションし、参加者とのディスカッション、ワークショップを実施した。
ジョグジャカルタをはじめインドネシア各地からの観客とペスタボネカの参加団体であるパペッターの、延べ160名程度が参加。
実施に際しては、ジョグジャカルタでのイベント開催のやり方を学ぶということに力点を置き、上演作品の準備期間、本公演期間、カタログ制作期間、それぞれの過程を通してアーティストたちの活動・運営方法を観察した。

関連する国/地域
日本, インドネシア

関連する事業

活動国・地域

経済発展と国際開発 ~アジアの相互協力の構築を目指して~

日本・インドネシアの若者が共に考えるインドネシアのごみ事情 ~村ツーリズムのさらなる発展とともに~

災害からのコミュニティ再生の経験を学び合う日本・インドネシア交流事業

アジア太平洋ディスレクシア・フェスティバル2018

「インドネシア日本食フェスティバル」事業

保育・幼児教育文化交流(教師と学生・子ども)

活動分野

「東遊-あるいはあの日の恩情」日本公演

タイ山岳少数民族の子供たちを対象にした演劇ワークショップ

ネクストジェネレーション・イン・アジア 児童青少年演劇次世代計画プログラム

フィリピン(レイテ島被災地タクロバン&ルソン島山岳地レパント)の子供たちを対象にした演劇ワークショップ

ストアハウスコレクション -演劇とダンスの間で-

マレーシアの人形劇ポテヒ -多民族国家の文化実践を知る