日本・インドネシアにおける防災コミュニティラジオの経験共有事業

  • The Grant Program for Enhancing People-to-People Exchange
Grant Year
Fiscal Year 2014
Grant Amount
JPY 1,130,688
Country of Activity
Japan

自然災害が多発する日本、インドネシア、フィリピンでは、災害時において被災者が必要とする地域ごとのきめ細やかな情報を伝えるコミュニティラジオが大きな役割を果たしている。災害ラジオ局の活動を担ってきた3か国の実践者らが、コミュニティラジオの社会的役割をより明確に位置づけるため、国境を越えて互いの経験を共有し、機能を強化するとともにそれを広く発信した。

仙台で開催された国連世界防災会議での発表とアドボカシー活動、防災とコミュニティラジオをテーマにしたフォーラムの開催、東日本大震災被災地の災害ラジオ局の訪問、総務省の訪問等を行った。これらの活動を通し、経験と知識の共有に加えて、今後3か国が協力して取り組むプラットフォームを形成した。

平成29年度実績 http://grant-fellowship-db.jfac.jp/grant/pp1731/

Related Countries
Japan, Philippines, Indonesia

Projects related to this Grantee

Organizer

災害からのコミュニティ再生の経験を学び合う日本・インドネシア交流事業

Countries of Activity

カンボジア人監督招へい事業

Japan・ASEAN Youth Conference 2016

アジア太平洋ディスレクシアフェスティバル2017 東京

第一回 熊谷市国際ラグビー交流会 2019

カンボジア・東北・北九州のこどもたちをつなぐ「Smilink Action」

日タイキッズラグビー交流 2017

Field

-防災レジリエンス・ツールをアジア諸国で拡散する市民ネットワークを構築する- 防災レジリエンス・フォーラム2015 TOKYO

ジャカルタお掃除クラブ日本訪問2 ~日本式お掃除文化をさらに深く考える~

日本・インドネシアの若者が共に考えるインドネシアのごみ事情 ~村ツーリズムの開発とともに~

防災文化セミナー「スマトラ沖地震津波より10年を経て」 – 文化と防災を軸とした交流 -

「あいでみ」 被災地 × 社会変革

世界湖沼会議子ども交流事業