アジア・シェルター会議および全国シェルター・シンポジウム 2018

  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成30 (2018) 年度
助成額
JPY 824,664
活動国・地域
日本

ドメスティック・バイオレンス(以下、DV)や性暴力など、女性に対する暴力は、世界各地で深刻な問題として取り組まれている。最近では欧州評議会を中心に、「イスタンブール条約」(女性に対する暴力及びDV防止条約)というグローバル・スタンダードが作られた。また、日本だけではなくアジアの各国でも、DV法やストーカー規制法などの法制度が導入され、民間NGO団体がいわゆる「DVシェルター」の運営やホットライン電話など、被害者支援の担い手として奮闘している。
そうしたグローバル・スタンダード及びアジア各国の問題の現状と被害者支援の取り組みについて情報交換をするべく、台湾やシンガポール、カンボジア、ベトナム、パキスタン、ネパール、東ティモール、インド、オーストリアの民間NGOの関係者が来日。日本の民間の支援者、国会議員、行政の関係者ら約500名と公開シンポジウムで互いに報告を行い、交流、議論を行った。


欧州評議会 イスタンブール条約 https://www.coe.int/en/web/istanbul-convention/about-the-convention

関連する国/地域
日本, シンガポール, ベトナム, カンボジア, etc.
協力団体/協力者
Asian Network of Women’s Shelters

申請団体より

「イスタンブール条約」の詳しい内容や意義について、ほぼ初めて日本の関係者に紹介することができた。これによって日本の対策がより前進する契機となることを願っている。アジアの中でも、特に台湾やシンガポールがとっている先進的な対策を、多くの人に伝えることができた。

関連する事業

活動国・地域

日本・インドネシアの若者が共に考えるインドネシアのごみ事情 ~村ツーリズムの開発とともに~

-防災レジリエンス・ツールをアジア諸国で拡散する市民ネットワークを構築する- 防災レジリエンス・フォーラム2015 TOKYO

アジア・パシフィック青少年コーラス交流 in OKINAWA / NAHA

マレーシアの人形劇ポテヒ -多民族国家の文化実践を知る

International Development Field Camp for Myanmar and Japan Youth Leaders

インスタント・シティ東京

活動分野

わたりタイいちご・ネット友和プロジェクト

アジアの共通課題に取り組む実践家のための相互学習と共創

オルタナティブな農・食・流通・教育の先駆者との交流から創るタイNGO・新時代への挑戦3

ウェビナー「ウィズコロナの時代を切り開く社会起業家の在り方」

日本の地方地域とASEANにおける伝統継承と持続的なビジネスについて考える女性起業家交流事業

オルタナティブな農・食・流通・教育の先駆者との交流から創るタイNGO・新時代への挑戦