アジアンビートプロジェクト

  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成26 (2014) 年度
助成額
JPY 1,500,000
活動国・地域
タイ

40名の若者がタイを訪問し、バンコク、チェンライ、チェンマイで公演活動と学生間交流を行った。 バンコクのチュラロンコン大学では、以前訪日して交流を深めたタイの学生らと共に、タイポップスや日本舞踊、書道・茶道パフォーマンスを披露した。その後、タイの学生6名とともにチェンライの山岳民族の孤児を養育しているメイコックファームを訪問し、地域の方々を交えた公演、交流会を行った。チェンマイでは、HIV感染孤児を養育しているバーンロムサイを訪問し、子ども達のための公演と交流会を実施した。

平成27年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/grant/pp1536/

関連する国/地域
日本, タイ
協力団体/協力者
チュラロンコン大学

申請団体より

2014年11月2日~9日の日程で、40人の日本の若者がバンコク、チェンライ、チェンマイを訪問し、歌とダンスで国際交流を図るプロジェクトを展開した。多くのタイの学生がこのツアーに参加し、彼らのうち6名がその後大阪大学、東北大学、早稲田大学、埼玉大学に留学し、3名が日本の企業に就職している。多くの若者が今でもLINEで交信を続けている。 僕達は歌とダンスでperformanceを作り、同じ舞台に立つことで一生の友達を見つけることができると信じている。アジアンビートプロジェクトはその後2015年、2016年に台湾の学生10人を入れて再度タイを訪問し、2017年には台湾の学生10人と台湾、フィリピンを訪問して現地の大学で公演を行った。2018年は台湾、韓国,タイの学生を入れて40人若者がperformance を作り北部タイを訪問することにしている。

関連する事業

申請団体

アジアンビートプロジェクト 2015

活動国・地域

アジア姿勢保持プロジェクト:寝たきりゼロのための姿勢保持普及に関する日本・タイ交流事業

経済発展と国際開発 ~アジアの相互協力の構築を目指して~

ユニバーサルツーリズムで「もっと微笑みの国・タイ」へ どこでも、誰でも、いつでも旅行が楽しめる国へ

日本タイ市民・青少年 空手道共同研鑽・国際文化交流担い手育成・友好促進事業

わたりタイいちご・ネット友和プロジェクト

国境や年齢を超えた多文化共生を図るための日本・タイ・ベトナムの三国交流会

活動分野

ランバンサリ結成30周年記念特別公演「インドネシア・スラカルタ マンクヌガラン王宮様式のガムランと舞踊」を中心としたジャワ島中部の王宮ガムラン文化の普及・交流事業

アジアンビートプロジェクト 2015

「女形」の伝統芸 - バリと日本の交流

能楽ワークショップin Bali

日本・インドネシア民俗芸能交流事業

子供達が踊る日本舞踊による交流事業

協力団体

経済発展と国際開発 ~アジアの相互協力の構築を目指して~