日本タイ市民・青少年 空手道共同研鑽・国際文化交流・友好促進事業

  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成29 (2017) 年度
助成額
JPY1,500,000
活動国・地域
日本, タイ

日本・タイ両国の市民・青少年が、空手道の共同研鑽をベースとしつつ、両国の歴史・文化・自然・経済への相互理解と国際的な友好親善を深めることを目的として次の事業を実施した。
2017年8月、タイへ日本の市民・青少年を派遣し、空手の合同稽古を軸に、タイ語教室やムエタイ体験等の新しい試みを加え、両国の青少年に共通の課題をテーマとしたワークショップを行うなど、英語のコミュニケーション能力の向上を図るとともにタイへの関心を高めた。2018年3月に行った日本での事業は、タイ人の市民・青少年を招へいし、空手の合同稽古に加え、文化体験の実施、日本の伝統的な産業技術や港湾都市の歴史・文化に触れる機会を設けた。

平成27年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/grant/pp1538/
平成28年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/grant/pp1617/

関連する国/地域
日本, タイ

申請団体より

本事業は企画から実行まで、日本・タイ両国青少年が互いに協働し、主体的に国際交流活動を作り上げていく実践形式を採用している。その過程において、両国青少年は英語にて意思疎通を図り、コミュニケーション能力を飛躍的に向上させた。また、両国の歴史と現状を学ぶとともに、ホームステイ等を通じて日常生活レベルの視点から両国文化を体験し、さらにワークショップ等により、両国が将来どうあるべきかといった大局レベルの問題意識を醸成した。これらの活動によって、両国青少年はグローバルな視点を持つ習慣を身に付けることができた。
本事業の実施により、市民・青少年の自主的な協働による国際交流の基盤が強化されることで、今後の日本・タイ両国における、新たな国際交流事業に展開・発展させ、そのためにも、参加者間のコミュニケーションを継続・促進し、交流ネットワークの拡充を図っている。

関連する事業

申請団体

日本タイ市民・青少年 空手道共同研鑽・文化経済相互理解・友好促進事業

日本タイ市民・青少年 空手道共同研鑽・国際文化交流担い手育成・友好促進事業

活動国・地域

第2回ぐんまカップ

ミャンマーと日本をつなぐ旅

日本とインドネシアの介護文化に基づく介護教育TOTプログラムの調和化

ベトナム・市民ボランティアとの協働による市民交流と西洋館の活用・観光の活性化

多様な人々が参加するレジリエントな復興をめざして:世界津波の日制定記念シンポジウム

インドネシア ペーパームーン・パペット・シアター レジデンス&新作公演

活動分野

日本タイ市民・青少年 空手道共同研鑽・国際文化交流担い手育成・友好促進事業

シンガポールにおける少年軟式野球国際大会の開催(共催)及び選手派遣

ジュニアユースサッカーフェスタ 2016 イン カンボジア

スケート・スポーツ 次世代人材発掘プロジェクト

インドネシアとの教育交流プロジェクト ~フットサル親善試合~

日タイキッズラグビー交流 2017