東南アジア島嶼部 異文化共同プロジェクト 『島嶼の王国シリーズ:ゴング三部作 』

  • アジア・文化創造協働助成
採択年度
平成28 (2016) 年度
助成額
JPY 2,256,217
活動国・地域
カンボジア, ベトナム, インドネシア, フィリピン, 日本

- ゴング三部作 - 東南アジア島嶼部におけるゴング文化圏に向けて
本事業は、サウンドデザイナーの森永泰弘が中心となって、東南アジア島嶼部における青銅器ゴングの音楽文化をフィールドワークしながら、現地の協働制作者と作品の創作をおこなうものである。 海を介したゴング文化を通じて、異文化の繋がりを理解し、共有し、発展させていく。フィールドワークで記録した素材は、ウェブにて一般に公開。

平成30年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/grant/cc1802/

関連する国/地域
日本, フィリピン, インドネシア, ベトナム, カンボジア
協力団体/協力者
カンボジア・リビング・アーツ
フィリピン大学
S.E.A. Sound

申請団体より

長期における国際交流基金アジアセンターの助成を受けることができたことで、事業を超えた人間関係の交流、世界の見方、ものづくりの態度というものを、より掘り下げて考えることができるようになった。東南アジアは、地政学的に大陸部と島嶼部に分かれている。しかし音楽文化は海を介して、島々で広くつながりあっており、今まで知りえなかった異文化の繋がりを肌で感じることができたことは大きな糧となっている。この糧を広く共有していくための方法を見出し、さらなる交流と創作活動をおこなっていきたい。

関連する事業

申請団体

東南アジア島嶼部 異文化共同プロジェクト 「島嶼の王国シリーズ:ゴング三部作」

活動国・地域

Mekong Hub for Cultural Changemakers: Cultural Leadership in SE Asia

アセアン野球教室

ヨコハマ・パラトリエンナーレ2017

ひとつの机とふたつの椅子 one table two chairs meeting 2018

アジア、女性、舞台芸術をめぐるプラットホームの持続化と発展

国際共同製作『RE/PLAY DANCE Edit』

活動分野

栗コーダー&フレンズ アジア6カ国 ミュージック&アート共同制作プロジェクト

シンガポール・エスプラネード=サントリーホール グローバル創造協働プロジェクト

第二回 日・ASEAN音楽祭

「ZETTAI RED」 シンガポールミュージシャンとの協業によるパフォーマンス作品の上演

130th Anniversary of Japan – Thailand Relations Concert by FEROCI PHILHARMONIC WINDS

爆音映画祭2019 特集タイ|イサーン VOL.3