アジア学長フォーラム2016

  • アジア・文化創造協働助成
採択年度
平成28 (2016) 年度
助成額
JPY 1,861,200
活動国・地域
日本

2016年10月31日から11月2日まで、京王プラザホテル(新宿)にて、第15回アジア学長フォーラムを開催。申請団体は日本で初めて幹事校を担い、アジアを中心とする12か国・地域、39大学(教育機関)、104名の学長をはじめとする教育関係者を集め、「アジア高等教育のグローバルな多様性への架け橋」をメインテーマに、活発な議論を行った。
アジア学長フォーラムは、アジア諸国の大学間協力の結果、タイのシーナカリンウィロート大学と中国の複数の大学が幹事校となり創設。毎年1回開催しており、これまで中国、韓国、台湾、ASEAN諸国を会場として、14回開催されてきた。

事業関連ウェブサイト https://www.asia-u.ac.jp/asu_news/2016/11/4108/

関連する国/地域
日本, フィリピン, インドネシア, マレーシア, タイ, カンボジア, バングラディシュ, 中国, 韓国, 台湾, イスラエル, ポーランド
協力団体/協力者
バンコク大学

申請団体より

「アジア地域の高等教育全体の質向上」の一環として、日本でこのフォーラムを開催できたことは画期的であった。成果としては、「アジア高等教育のグローバルな多様性への架け橋」をメインテーマに、高等教育機関のグローバル連携、人材育成等に焦点をあて、全大会、分科会で議論を重ね、参加機関と知的交流及び情報共有を図ることができたことである。 国内外から多くの参加者を集め、物価の高い東京で国際的なフォーラムを実施するためには、参加者が持ち寄った会費や一機関の資金だけでの運営は容易なことではない。本助成に採択していただいたおかげで、事業目的を達成し、国際交流に寄与することができた。
今後は、交流を持つことができた機関との学術連携や人的交流に関する協定の可能性を模索し、特にASEAN諸国の機関については、積極的に連携を呼びかけていく。

関連する事業

活動国・地域

Thai and Osaka (Japan) Creative Space and Community Art collaboration project

東アジアのコミュニティの増進 ‐感染症、人口動態、都市化と農村‐

日本棋院 ASEAN 囲碁研修

アジアでのアール・ブリュット作品調査及び専門家交流事業

ひとつの机とふたつの椅子 one table two chairs meeting 2018

東京ドラマアウォード2015

活動分野

若者から見たASEANと日本の将来

東南アジアにおける資本主義のあり方に関する共同研究

ミャンマーにおける人権に関する交流・教育トレーニング

第11回アジアの建築交流国際シンポジウムにおける「東日本大震災震災復興(七ヶ浜町)アジア大学学生設計提案ワークショップ」

Conference on Asian Linguistic Anthropology (CALA)

東南アジアにおける資本主義のあり方に関する共同研究

協力団体

小池博史ブリッジプロジェクト 汎アジア計画 『戦いは終わった-マハーバーラタより』タイ制作・タイ&東京公演ツアー