シンポジウム&コンサート 『アジアにおける伝統と創造 Noh×Contemporary Music Vol.4』

  • アジア・文化創造協働助成
採択年度
平成27 (2015) 年度
助成額
JPY 1,104,540
活動国・地域
日本, シンガポール

アジアの伝統と創造について演奏付きのシンポジウムを開催、国際的に活躍するアジアの若手作曲家2名による、日本の伝統である能の謡を素材に用いた楽曲を発表して、アジアの伝統と創造について考察を深めた。 また、能の伝統的な謡の記譜法を解読し、日英2言語でウェブにて公開した。アーカイブをサイバー上で共有し、遠隔地にいながらも共同で作曲作業を行うことのできる文化創造のプラットフォームの構築を行った。

報告ウェブページ http://ryokoaoki.net/j/2016/02/2016220-noh-x-contemporary-music-vol4.html

Photo : Hiroaki Seo
関連する国/地域
日本, シンガポール
協力団体/協力者
ダイアナ・ソウ
小出 稚子
會田 瑞樹

申請団体より

能では伝統的な謡の記譜法が存在するが、日本語を解し、能の稽古をした人にしか理解できない。今回世界中の作曲家がアクセス可能となるよう、記譜法をまとめ、日英語で制作し、それをウェブにて公開した。そしてアーカイブをサイバー上で共有し、遠隔地にいながらも作曲作業を行うという新たなアジアの文化創造ネットワークの構築ができた。シンポジウム当日は、悪天候にも関わらず、満席に立ち見がでるほどで大盛況であった。後半の質疑応答の部分では、途切れることなく、質問がたくさん寄せられ、観客の皆さんの大きな興味が伺えた。アンケートも好評であった。

関連する事業

活動国・地域

あいち国際女性映画祭2015

あいち国際女性映画祭2016 国際交流基金アジアセンター連携プログラム

演劇教育による子どもたちのエンパワーメント -PETAの“Safety Zone”構築に学ぶ-

東京ドラマアウォード2015

「マンガ・アニメを活用したまちづくり」を活かした東南アジアと新潟市と若手人材交流事業

横浜・神戸・長崎洋館群とカイベー洋館群の保存と市民交流による新文化創造プログラム

活動分野

日本・インドネシア 伝統音楽交流 コラボレーション事業

カンボジア, サンボー・プレイ・クック遺跡群の保全に関わる人材育成

日本棋院 ASEAN 囲碁研修

日本棋院 ASEAN 囲碁研修

インドネシアの消滅の危機にあるBeaten Bark製の絵巻物ワヤンベベルの保全継承を、社会全体で具体的に促進していく日イ協働の支援・応援プロジェクト

サクラコレクション