DOOR to ASIA in Bangkok

  • The Grant Program for Enhancing People-to-People Exchange
Grant Year
Fiscal Year 2019
Grant Amount
JPY 470,496
Country of Activity
Thailand

2019年12月10日から22日まで12日間にわたって、バンコクでデザイナー滞在型文化交流事業を実施した。日本およびマレーシアから若手デザイナーがバンコクに集結、現地のデザイナー/クリエイターと2人1組のペアを組み、バンコク旧市街で大都市の課題”Urban Challenge”に直面する4つの地域コミュニティに入った。担当エリアに滞在し、コミュニティリーダーとの対話やホームステイといった体験を通じて丁寧に個と個の関係性を作ったうえで、コミュニティが抱える課題の解決に資するコミュニケーションデザインを滞在中に制作し、提案した。 また、報告会をバンコクで2度実施し、デザインや文化交流事業の持つ力について現地のデザイン関係者や市民たちと議論をした。プログラム終了後には、「Bangkok Design Week」でデザイン成果物のショウケースを行った他、東京でも報告会を実施した。

DOOR to ASIA Website https://door-to.asia/
平成30年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/grant/pp1823/

From the Organizer

これまで日本国内の複数地域とフィリピンの地方都市で実施してきた当事業だが、今回は初めてバンコクという大都市を舞台に、さまざまな課題を背景に持つ4つの地域コミュニティにデザイナーたちが入る形で実施した。いわゆるビジネス課題ではなく、自分たちのエリアをより良くしようと奮闘する非営利のコミュニティに向けての提案ということで、デザイナーにとってもチャレンジングな試みとなった。他都市に共通する課題も多く、結果的に参加者同士が互いに学びあう要素が大きい事業となった。 今回は、現地からコミュニティリーダー・デザイナー・コーディネーター、海外からデザイナー・コーディネーター、海外及び現地メンターという多国籍でチームが構成された。多様な価値観を持つメンバーによる協働には混乱もあったが、最終的にはその経験を高く評価した参加者が多かった。提案したデザインも、すでにコミュニティが使い始めるなどの形で成果が出ている。

Projects related to this Grantee

Organizer

Designers in Residence Program in Bataan

Countries of Activity

『紡レ想風土記』 in タイ

伝統文化の継承を通し、地域の誇りの再認識を促す交流事業

スパイラルアートラウンジ東南アジア若手クリエーターシリーズ「Now and Elsewhere」オンラインプログラム

居場所と関係性を再構築する若者のリーダーシップ育成支援事業

タイ山岳少数民族の子供たちを対象にした演劇ワークショップ

日本・タイの子どもアートワークショップによるアーツマネジメント国際交流事業

Field

S-AIR 2014 Residency Programme -FRONTIER- ASEAN

「ワークショップを通じた子どもの絵の国際交流」事業 ~日本・ミャンマー外交関係樹立 60周年記念事業~

ドキュメント・越後妻有:ナウィン・ラワンチャイクンがみた限界集落

Designers in Residence Program in Bataan

驚異の小屋 -マレーシア編

アーツマネジメントを通した対話 -日本・ミャンマー間の交流促進とネットワーク構築

Co-organizer(s), Cooperator(s)

アジアの共通課題に取り組む実践家のための相互学習と共創

Translate »