Designers in Residence Program in Bataan

  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成30 (2018) 年度
助成額
JPY 1,222,640
活動国・地域
フィリピン

2019年1月22日〜2月1日の10日間にわたり、フィリピン共和国バターン州でデザイナーズ・イン・レジデンス形式の文化交流事業を実施した。日本、フィリピンおよびインドネシアの若手デザイナー計7名をバターン州バガック市の地元事業者のもとに派遣し、事業の現場や暮らしの体験、事業者との対話などを通じて「クライアントとデザイナー」を超える関係をつくった上で、事業者や地域が抱える課題解決に資するコミュニケーションデザインを制作した。 報告会をバターンおよびマニラで実施し、地元住民・政府関係者やデザイン関係者へバガック市・バターン州の新たな価値の提案やデザインの持つ可能性について伝えた。 帰国後、東京でも事業の報告会を実施し、当事業についてより多くの人に伝えた。

関連する国/地域
日本, フィリピン, インドネシア
協力団体/協力者
Jam Acuzar / Bellas Artes Projects
Plus 63 / Dan Matutina & Dang Sering
Bagac市 / Bebot Galvez
Amanda’s Marine Products / Armanda Battad
Bagakeno Cashew Nuts / Don P. Duran & Marivic Duran

申請団体より

バターン州のような第二次世界大戦の負の歴史を持つ土地で、日本・フィリピンとインドネシアの若者たちがつながり、デザインを通して新たな価値をつくるために協働したこと自体が大きな価値を持つと考えている。枠組みだけでなく、実際の事業においても、参加者やスタッフ、事業者との間にあたたかな関係性が築かれ、「この事業者の事業がより良くなることで、バガック市やバターン州にどんな貢献ができるか」を参加者全員が自分ごととして向き合うことができた。その結果、事業者にも現地パートナーのBellas Artes Projectsにも喜んでもらえるアウトプットをすることができた。 「他所から(海外デザイナーが)来て何かを与える」「(地元事業者が)受け取る」という一方通行の関係性ではなく、デザイナーを含めた日本チームが、バターンの戦争における加害者としての歴史や、戦後の難民キャンプでの貢献など、土地に対する理解を深めたこと、事業者を筆頭に地元のあたたかいホスピタリティを受けたことで、お互いに「与え合う」関係性ができたことは特筆に値する。 報告会では、今後もフィリピンの他都市およびアジアの他の国でこのプログラムを実施したいという声も聞かれ、当プログラムの持つ可能性をより現実的に感じることができた。

関連する事業

活動国・地域

アジア・パシフィック青少年コーラス交流 in OKINAWA / NAHA

「あいでみ」 被災地 × 社会変革

日本とフィリピンにおける多文化理解のための演劇をつかった新しいワークショップの共同開発

フィリピン共和国パンガシナン州立大学と協働の市民交流事業

日本・ASEAN国際ボランティア・サミット

日本とアジア各国によるジュニアオーケストラ交流事業

活動分野

ドキュメント・越後妻有:ナウィン・ラワンチャイクンがみた限界集落

市民による社会包摂型アートプロジェクトの日本・マレーシア間の交流促進とネットワーク構築

東南アジアにおける漆工芸を通した文化交流事業

アーツマネジメントを通した対話 -日本・ミャンマー間の交流促進とネットワーク構築

「見放されたものの組織化」交流プログラム

東南アジアにおける漆工芸を通した文化交流事業