第三回アジア太平洋地域会議 2016年日本開催

  • Organizer Name イフサ京都
  • Japan: 京都
    • Environmental Protection/Disaster Prevention
  • The Grant Program for Enhancing People-to-People Exchange
Grant Year
Fiscal Year 2015
Grant Amount
JPY 1,391,496
Country of Activity
Japan

International Forestry Student's Association(以下IFSA)に加盟する学生団体のうち、インドネシア、フィリピン、台湾、韓国から参加者を迎えいれ、京都近郊の森林や山村地域において日本の森林・林業を体験しながら学ぶ1週間のスタディツアーを実施。北海道大学で発足したIFSA-Hokkaidoの学生も招待した。
申請団体が所属している京都大学の協力の下、京都大学農学研究科森林科学専攻教授による授業や研究を紹介。また、実際に京都近郊の森林や山村地域を訪れることによって日本の森林・林業を体験しながら学んだ。最終日には、日本で学んだことや参加者同士での議論によって得られた知識を元に、各国の参加者による自国の森林についての発表会も開催。各国特有の問題や国際的な問題について議論し理解を深めた。

Related Countries
Japan, Philippines, Indonesia, 台湾, 韓国

From the Organizer

はじめに開催に関わっていただいた全ての方々に、心から感謝申し上げます。 APRM(Asia Pacific Regional Meeting)がおわったあとも、参加者のみなさまとの間に強いつながりを感じ、まだAPRMが続いているかのようでおります。 この先それぞれ違う将来を歩むと思いますが、世界中で活躍するみなさんにいつか、 会期中の笑顔以上の最高の笑顔で再会できること楽しみにしております。

Projects related to this Grantee

Countries of Activity

日本・インドネシアにおける柔道ならびに柔道整復の交流事業

マーク・テ『Baling』を通して歴史との向き合い方を考える/上演+レクチャー+リサーチプロジェクト

高校生国際交流写真フェスティバル

ドキュメント・越後妻有:ナウィン・ラワンチャイクンがみた限界集落

for Cities Week2021

ミャンマー寺子屋教師招へい事業

Field

多様な人々が参加するレジリエントな復興をめざして:世界津波の日制定記念シンポジウム

防災文化セミナー「スマトラ沖地震津波より10年を経て」 – 文化と防災を軸とした交流 -

インドネシア・アチェと東松島市の子ども国際交流事業 「被災地から未来への対話/壁画の架け橋」

JELF設立20周年シンポジウム 『将来世代の権利と法的戦略~私たちに何が出来るか~』

アジアにおける気候変動・防災問題に関する国際シンポジウム開催と経験交流

日本とインドネシアの若者による地域資源を活用した持続可能な開発のための活動

Translate »