伊勢原とバリ島をつなぐ小さな親善大使たち2・農業交流6(伊勢原とバリ島の国際交流8)

  • The Grant Program for Enhancing People-to-People Exchange
Grant Year
Fiscal Year 2015
Grant Amount
JPY 1,468,968
Country of Activity
Japan

伊勢原の郷土玩具「あぶ凧」が縁で、インドネシア・バリ島との交流が始まってから10年が経ち、その間、伊勢原で「NPO法人たこ凧揚がれ」、バリで「財団法人バリ聖地保存会」が組織された。その記念として、小学生の文化交流と大学生の農業交流を実施した。
 バリから小学生10名、大学生2名、関係者3名の計15名を招へい。広く市民が参加できる文化交流として、伊勢原市文化会館小ホールでの「奉納の舞」を開催し、会場満員となる成果を得た。同時に市内の小学生との合唱による交流、厚木市の小学校での1日体験交流と幅広い文化交流を行った。
 大学生農業交流も、多くの農業関係者や伊勢原市農協等に協力を得て、広範な農業研修を体験した。特に、バリのサラスワティ財団、日本の伊勢原市国際交流委員会、産業能率大学等と新たなネットワークを築き、持続的な交流基盤が生まれた。

Related Countries
Japan, Indonesia

Projects related to this Grantee

Countries of Activity

日タイ青少年による伝統文化の継承へのアプローチ交流プログラム~タイ舞踊の公演と継承、日本の‘道’の発表と鍛錬と継承

健康都市交流事業 ~食生活と栄養改善に向けた健康文化の相互理解に向けて~

作品展示やワークショップ、トークイベントを伴う、インドネシア芸能公演イベント制作事業

国際キャンプ2015冬

第三回アジア太平洋地域会議 2016年日本開催

スタディトリップインジャパン2015

Field

日本・ASEAN・ボランティア・サービス (JAVS) 2016

Action Plan for “Sustainable Food Production” by Youth in Myanmar and Japan

ミャンマー・フレンドシップ・プロジェクト

International Development Field Camp for Myanmar and Japan Youth Leaders

カンボジア・東北・北九州のこどもたちをつなぐ「Smilink Action」

JELF設立20周年シンポジウム 『将来世代の権利と法的戦略~私たちに何が出来るか~』

Translate »