テラジア―隔離の時代を旅する演劇―

  • アジア・市民交流助成
採択年度
令和2 (2020) 年度
助成額
JPY1,604,051
活動国・地域
オンライン

2018年に東京の西方寺で初演された演劇『テラ』(演出:坂田ゆかり 出演:稲継美保 音楽:田中教順 ドラマトゥルク:渡辺真帆)の上演台本をタイの演出家に譲渡し、仏教信仰や死生観をテーマに自由な翻案によってリメイクした『TERA เถระ』をチェンマイのパラット寺院で上演。10月16日〜18日の5公演で、のべ100名を動員した。 その収録映像を日本語字幕つきで配信するオンライン上映会を10月30日に開催。日本とタイをZoomウェビナーで繋ぎ、観賞後には視聴者からの質疑応答を含むトークセッションも行った。500円の電子チケット予約制で、90名がリアルタイムで視聴した。
TERA เถระ 演出:ナルモン・タマプルックサー(コップ) 訳:千徳美穂 出演:ソノコ・プロウ、パコン・タマプルックサー(ギグ) 音楽:グレート・ルカクン、トルポン・サメルジャイ ドラマトゥルク:ソムワン・ケスフォン 映像制作:Mayim Studio コンセプト:TERASIA

https://terasia.net/

関連する国/地域
日本, タイ
協力団体/協力者
平和文化財団
パラット寺院
西方寺

申請団体より

日本のチームは元々巡業を前提とし、様々な土地の信仰と交わりながら上演することを志向していたが、防疫のため国境をこえる移動が制限されてしまった。ならば「⼈間が動けない代わりに作品に旅をさせよう」という発想を起点に、緊急事態宣言下の5月から約5ヶ月という驚くべきスピードで「テラジア ―隔離の時代を旅する演劇―」という国際アーティスト・コレクティヴが始動した。演出家コップ率いるタイチームの確かな実力に裏付けされた質の高い公演に加え、オンライン生配信をバンコクから支えてくれたのはタイ語通訳/翻訳家のプッサディー・ナーワーウィチット氏。2021年の幕開けとともに逝去された彼女の助力なしに本事業は決して実現しえなかったことを特筆しておきたい。 2021年はミャンマーのマンダレーと京都で新作を製作予定。ウェブサイトの多言語化も推進し、2022年以降の参画アーティストとのネットワーキングに努める。

関連する事業

活動国・地域

エクスペリメンタル・ワヤン・エクスチェンジプロジェクト

「オンラインで国境を越える!」〜アジア・ダンス国際交流事業〜

日本・フィリピン未来共創のアイデアソンキャンプ

アジアにおけるエクスプレッシブダンスプロジェクト

第2回ミーシャ多文化芸術祭「一緒ならできる! Together In Harmony」

壊れた時間のバラタ〜Mahabharata~ 全篇の短編映像を作る

活動分野

「東遊-あるいはあの日の恩情」日本公演

劇団角笛シンガポール公演

日比ユース・ネットワーク構築のための日比国際児の若者(JFY)と日本の若者との演劇交流活動

ストアハウスコレクション -タイ週間-

フィリピン(レイテ島被災地タクロバン&ルソン島山岳地レパント)の子供たちを対象にした演劇ワークショップ

マレーシアの人形劇ポテヒ -多民族国家の文化実践を知る