インスタント・シティ東京

  • The Grant Program for Enhancing People-to-People Exchange
Grant Year
Fiscal Year 2018
Grant Amount
JPY 584,900
Country of Activity
Japan

2020年春、ドイツの建築家集団ラウムラボア・ベルリンと日本の建築家ユニット、アトリエ・ワンの協力を得て東京の空き地に実験場「インスタント・シティ東京」を設置することを企画。アジア太平洋地域及び日本のアーティストが参加し、自国の生活条件や暮らしの現実を芸術活動として反映させ、更に開催地の周辺住民や日本の建築学科の学生たちも参加し、期間終了後も継続していく形作られたネットワークや思想の文脈を生み出すことを目指している。 そのキックオフ・イベントとして、東京で建築家集団と参加アーティストらによるワークショップを実施。コンセプトを共有し戦略を形成するため、ピッチ形式のプレゼンテーション、専門家によるレクチャーやディスカッション、視察や文化体験などを行った。

Related Countries
Japan, Singapore, Philippines, Thailand, Vietnam, ドイツ, 中国, 韓国, 台湾, オーストラリア
Co-organizer(s), Cooperator(s)
raumlaborberlin
Atelier Bow-Wow

From the Organizer

私たちは将来、どのような形の共同体で働き、暮らし、市民社会的参加を望むのだろうか。新しい形の都市で共生するために、どのような都市空間のインフラが必要となるのか。 そのような問いを考察するために、本事業を企画した。今回のワークショップに参加したアーティストらは、初顔合わせであったにもかかわらず、その建設的でオープンな姿勢と積極的なアプローチによって、限られた時間の中でかなり深い段階にまで議論は及んだ。各アーティストは自身の活動を紹介し、この長期プロジェクトを共に進めていくための共通認識を深めた。 目下、本プロジェクトに向けて参加アーティストは各自の企画をまとめている。改善・具現化されたそれぞれの企画が、2019年初頭に開催される次回のワークショップでひとつのドラマツルギーに統合される。

Projects related to this Grantee

Countries of Activity

日本とフィリピンにおける多文化理解のための演劇をつかった新しいワークショップの共同開発

アジア・パシフィック青少年コーラス交流 in OKINAWA / NAHA

ミャンマー(少数民族)衣と食文化の夕べ

日本タイ市民・青少年 空手道共同研鑽・文化経済相互理解・友好促進事業

作品展示やワークショップ、トークイベントを伴う、インドネシア芸能公演イベント制作事業

Japan・ASEAN Youth Conference 2016

Field

日本インドネシアの文化理解・社会課題解決型 ファッションデザイン作品共同制作ショー

スパイラルアートラウンジ東南アジア若手クリエーターシリーズ「Now and Elsewhere」オンラインプログラム

S-AIR 2014 Residency Programme -FRONTIER- ASEAN

東アジア・ローカル・コミュニティアート・ネットワーク

インドネシア子どものお話フェスティバル:日本とインドネシアの絵本展

マレーシアにおける大人の塗り絵体験セミナー事業

Translate »