スケート・スポーツ 次世代人材発掘プロジェクト

  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成29 (2017) 年度
助成額
JPY1,324,067
活動国・地域
インドネシア, 日本

インラインスケートを通した日本、台湾及びインドネシアによる交流、人材育成事業。 10月のインドネシア選考会では実績が有る選手、現役トップ選手、そして12歳のJr.選手を選考した。 11月の長良川カップではフランスから元オリンピック選手のパスカルブリアンを講師に迎え、日本とインドネシアの選手たちと一緒になってスケートを学び、競技大会で切磋琢磨をし、交流を深めた。日本参加者たちのホストとしての態度は素晴らしく、インドネシアメンバーのラティファ ヒクマワティからは「様々な国へ合宿や試合に出場したが、このように歓迎してもらったのは初めてだった」と評価を受けた。 12月のインドネシア合宿では、アジアチャンピオンのニックローと彼の生徒を迎え、スケート合宿、フレンドリーマッチ、ミーティングを行った。 また経験した事がないインドネシア流の運営方法に刺激を受け、新しいアイデアにつながった。

関連する国/地域
日本, インドネシア, 台湾, フランス

申請団体より

今回、助成を受け世界的な講師を招く事ができ、それを軸として日本とインドネシアの関係者達から多くの関心を得る事ができた。単なる講習、練習、試合、交流という枠組みを超えて様々なアイデアとインスピレーションを受けた。 その成果の一つに新しいリーグの構想があげられる。従来型の競技大会ではなく、自由な時間、場所を選んで競技でき、レベル差やまったく別の地域のスケーター達も競い合う事ができる、オンライン上の記録会イベントである。従来型の競技大会では一つの場所に集まらなければできないが、新たな取り組みではより自由に、よりシンプルに、より多くの人々を巻き込むことによって、楽しみ方や目標を自分で見つけられるスタイルになる。また、国際大会とは関係ない市民スケーター層がこのリーグを通して交流できるようになるだろう。そして、オンライン上で切磋琢磨していた子供のスケーター達が将来、国際大会で直接対決できるかもしれない。

関連する事業

活動国・地域

アセアンの国々で文化交流を通して、マナー方法を開発

インドネシア親善友好・交流事業

世界湖沼会議子ども交流事業

災害からのコミュニティ再生の経験を学び合う日本・インドネシア交流事業

日本・インドネシアにおける柔道ならびに柔道整復の交流事業

インドネシア・アチェと東松島市の子ども国際交流事業 「被災地から未来への対話/壁画の架け橋」

活動分野

日本・インドネシアにおける柔道ならびに柔道整復の交流事業

タイ人選手のJリーグクラブアカデミーへの短期留学および交流事業

ジュニアユースサッカーフェスタ 2017 イン カンボジア

日本・インドネシアにおける柔道ならびに柔道整復の交流事業

日本タイ市民・青少年 空手道共同研鑽・国際文化交流・友好促進事業

日タイキッズラグビー交流 2017