アジア・ヘリティジ・ネットワーク国際シンポジウムの開催 -アジア新興国の歴史的町並み保存活動支援に向けて-

  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成28 (2016) 年度
助成額
JPY1,038,000
活動国・地域
日本, ネパール

申請団体は、1990年以来「アジア西太平洋都市保存ネットワーク」の一員として歴史的町並み保存NPOを支援し、2013年には「アジア・ヘリティジ・ネットワーク」を結成して、ネットワークを拡充強化してきた。 3年目となる2016年度は、新たにネパールを参加国に迎え、「アジア経済新興国の町並み保存支援」に「災害からの町並み復興」の視点を加えて交流事業を実施した。2016年10月にネパールでの予備調査を行い、12月には調査報告会とあわせて、国際フォーラムに向けた勉強会を開催した。2017年1月にネパール、インドネシア、ミャンマー、カンボジアの歴史的町並み保存に取り組むNPOを奈良に招へい。今井町と奈良町を視察し、日本の町並み保存、市民参加のノウハウと実践に直結する解決策を提示するとともに、奈良市民や専門家を交えた国際フォーラムを開催した。

平成26年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/grant/pp1414/
平成27年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/grant/pp1554/

関連する国/地域
インドネシア, カンボジア, ミャンマー, ネパール
協力団体/協力者
Indonesian Heritage Trust
Yangon Heritae Trust
Khmer Architecture Tours
Kathmandu Valley Preservation Trust

申請団体より

アジアの経済新興国では、経済発展の陰で歴史的町並みの破壊が急速に進んでおり、町並みとそれを支えるコミュニティの保存が緊急の課題となっている。助成を受けて開催した奈良国際フォーラムでは、インドネシア、ミャンマー、カンボジア、ネパールの町並み保存団体がそれぞれ抱える課題を浮き彫りにした上で、日本の経験を踏まえて、参加者全員で知恵を絞り、解決策を提示することができた。これは2013年に結成したアジア・ヘリティジ・ネットワーク活動のひとつの大きな成果である。 国際フォーラムの成果は日英両言語のレポートとしてまとめ、SNSを通じて世界に情報発信を行っている。今後は、このフォーラムの成果を踏まえて、アジアの新興国がそれぞれの活動エリアにおいて、具体的な町並み保存プロジェクトや保存のためのシステム整備に結びつける必要があり、ネットワークを通じてさらなる支援を継続する必要がある。

関連する事業

活動国・地域

女性や高齢者が生き生きと暮らす持続的な社会をASEAN女性起業家と考える国際交流事業

アジア太平洋ディスレクシアフェスティバル2017 東京

保育・幼児教育文化交流(教師と学生・子ども)

スタディトリップインジャパン2015

第27回アジア国際ネットワークセミナー

第4回みやこじま青少年国際音楽祭

活動分野

日本・インドネシア民俗芸能交流事業

防災文化セミナー「スマトラ沖地震津波より10年を経て」 – 文化と防災を軸とした交流 -

ベトナム・市民交流によるまちづくり推進

仮面舞踊を通した日本とインドネシア文化交流事業

ベトナム・市民ボランティアとの協働による市民交流と西洋館の活用・観光の活性化

野村誠 「瓦の音楽」 -瓦の音楽を媒介とする日尼文化交流事業-