スパイラルアートラウンジ東南アジア若手クリエーターシリーズ「Now and Elsewhere」オンラインプログラム

  • アジア・市民交流助成
採択年度
令和2 (2020) 年度
助成額
JPY 852,500
活動国・地域
タイ, インドネシア

本プロジェクト、SPIRAL ART LOUNGE ONLINE JOURNEY:NOW & ELSEWHEREは、行くことのできない「ELSEWHERE」にいるアーティストたちの「NOW」を紹介することで、別の場所にあるもう一つの現実に出会う喜びを多くの人と共有する企画。 2020年秋に、タイとインドネシアの若手クリエーター4名のアトリエ訪問、参加型ワークショップを7つのプログラムを開催し、アーティストと作品を紹介するほか、それぞれが住む街、ライフスタイル、コロナによる日常生活と社会の価値観の変容など様々な話題を展開した。
アートと暮らす上質な生活空間をご提案するプレミアムサロンとして、グローバルなゲストスピーカーをお迎えしたトークを開催してきたSpiral Art Loungeは、新しい風景や人との出会いが制限されたコロナ時代に、海外のクリエーターとバーチャル空間で繋がり、いつか会える日を待ちながら交流を続ける。

SPIRAL ART LOUNGE ONLINE JOURNEY:NOW & ELSEWHERE

協力団体/協力者
Mulyana
Juli Baker
Phannapast Taychamaythakool
Sarita Ibnoe

申請団体より

今までのプロジェクトでは対面して初めてコラボレーションが始まることが多かったが、海外への渡航が難しい状況になってから、かえって密接に海外のアーティストとコミュニケーションすることになった。本件参加アーティスト4名のうち、3名と実際に会うことがないことにも関わらず、深い信頼関係を築くことができ、次のコラボレーションにもつながった。
一方で、イベントの実施にあたって、情報セキュリティーなど技術的な面でシステムのスペックに左右されることが多く、まだ改善の余地はある。新型コロナウイルスの影響がもたらした新しい国際交流の可能性を探るために試行錯誤を繰り返す必要があり、助成金によって実験的な取り組みができたことに大変意義を感じた。

関連する事業

活動国・地域

タイと日本の学生によるアカペラ・ワークショップ

日本タイ市民・青少年 空手道共同研鑽・国際文化交流・友好促進事業

アートアクセスあだち 音まち千住の縁

アジア姿勢保持プロジェクト:寝たきりゼロのための姿勢保持普及に関する日本・タイ交流事業

テラジア オンラインウィーク2021

アジア太平洋ディスレクシア・フェスティバル2018

活動分野

マレーシアにおける大人の塗り絵体験セミナー事業

日本×シンガポール 国際ワークショップ「ダイバーシティ&インクルージョンのためのデザイン」

東京芸術祭ファーム Asian Performing Arts Camp

アセアン保育者と日本作家が協働する、幼児児童向絵本・紙芝居の翻訳・共作・実演をベトナムで始める事業

インスタント・シティ東京

S-AIR 2014 Residency Programme -FRONTIER- ASEAN