防災文化セミナー 「スマトラ沖地震津波より10年を経て」

  • Organizer Name 和光大学
  • Japan: 東京
    • Environmental Protection/Disaster Prevention
    • Traditional Culture/Cultural Heritage
  • The Grant Program for Enhancing People-to-People Exchange
Grant Year
Fiscal Year 2015
Grant Amount
JPY 1,305,000
Country of Activity
Indonesia, Japan

日本の文化である紙芝居を媒体として、インドネシアの災害文化を紹介する防災セミナーを実施。アチェ出身の口承芸能継承者による独特な語り口調は、日本の参加者に大きなインパクトを与え、両国の文化理解につながった。

初年度である平成26年度に実施したアチェ、ジャカルタ、メダン、岩手、宮城、神戸、大阪、名古屋、東京に加え本年度は、インドネシア国内はジョクジャカルタ、パダン、日本では福島においても開催。文化と防災を軸とした交流をなお一層広く展開した。

紙芝居の上演と共に、インドネシア各地の学校やコミュニティ団体との協力により、各地の災害経験伝承をより広い地域で伝えたことにより、参加者は災害文化に対する高い関心を寄せ、両国の防災意識の向上にも資することとなった。

平成26年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/grant/pp1405/
平成28年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/grant/pp1637/

Related Countries
Japan, Indonesia

Projects related to this Grantee

Organizer

防災文化セミナー「スマトラ沖地震津波より10年を経て」 – 文化と防災を軸とした交流 -

Countries of Activity

日本インドネシア国交樹立60周年記念 紅型影絵「やどかりの夢」インドネシア公演&紅型ワークショップ

日本・ASEAN・ボランティア・サービス(JAVS)

日本とインドネシアの若者による地域資源を活用した持続可能な開発のための活動

インドネシア・アチェと東松島市の子ども国際交流事業 「被災地から未来への対話/壁画の架け橋」

インドネシア地域防災構築事業

日本とインドネシアの介護文化に基づく介護教育TOTプログラムの調和化

Field

アジアにおける気候変動・防災問題に関する国際シンポジウム開催と経験交流

災害からのコミュニティ再生の経験を学び合う日本・インドネシア交流事業

インドネシア・アチェと東松島市の子ども国際交流事業 「被災地から未来への対話/壁画の架け橋」

「あいでみ」 被災地 × 社会変革

日本・ベトナムによる環境教育プロジェクト

日本・インドネシアの若者が共に考えるインドネシアのごみ事情 ~村ツーリズムの開発とともに~

Translate »