ジョグジャカルタ市における人形劇 “What is it like to be me?”の上演と関連ワークショップ、レクチャー、シンポジウムの開催

  • Organizer Name Tokyo Independent Collaborator
  • Japan: 東京
    • Theater
  • The Grant Program for Enhancing People-to-People Exchange
Grant Year
Fiscal Year 2014
Grant Amount
JPY 743,500
Country of Activity
Indonesia

ジョグジャカルタを拠点に活動する人形劇団Papermoon Puppet Theatreが2年に1度主催している国際現代人形劇フェスティバル「ペスタボネカ」(2014年12月5日~7日、10ヵ国11団体が参加)への参加にあわせて企画。
ペスタボネカに於いて、申請団体は科学実験からヒントを得た観客参加型の人形劇作品“What is it like to be me?”を上演し、その後上演作品に使われた科学のアイデアを分かりやすく伝えるために人形劇との関連や科学的な背景をプレゼンテーションし、参加者とのディスカッション、ワークショップを実施した。
ジョグジャカルタをはじめインドネシア各地からの観客とペスタボネカの参加団体であるパペッターの、延べ160名程度が参加。
実施に際しては、ジョグジャカルタでのイベント開催のやり方を学ぶということに力点を置き、上演作品の準備期間、本公演期間、カタログ制作期間、それぞれの過程を通してアーティストたちの活動・運営方法を観察した。

Related Countries
Japan, Indonesia

Projects related to this Grantee

Countries of Activity

スケート・スポーツ 次世代人材発掘プロジェクト

経済発展と国際開発 ~アジアの相互協力の構築を目指して~

能楽ワークショップin Bali

インドネシア子どものお話フェスティバル:日本とインドネシアの絵本展

アジア・ヘリテイジ・ネットワーク国際シンポジウムの開催 -アジア新興国の歴史的町並み保存活動支援に向けて-

アセアンの国々で文化交流を通して、マナー方法を開発

Field

舞踊劇「バリ版二童敵討」の創作と上演

日比国際児の若者(JFY)と日本の若者との交流活動を通した新たな日比関係の構築

日本とフィリピンにおける多文化理解のための演劇をつかった新しいワークショップの共同開発

フィリピン(レイテ島被災地タクロバン&ルソン島山岳地レパント)の子供たちを対象にした演劇ワークショップ

壊れた時間のバラタ〜Mahabharata~ 全篇の短編映像を作る

ストアハウスコレクション -演劇とダンスの間で-

Translate »