Creators’ Cradle Circuit Work In Progress 2019-2020:アジアの次世代のための越境型移動舞台芸術祭を作る方法

  • アジア・文化創造協働助成
採択年度
令和元 (2019) 年度
助成額
JPY 8,330,000
活動国・地域
オンライン

Karakoaは、インドネシア、タイ、日本、フィリピン、マレーシアを拠点とするインディペンデントのプロデューサー、キュレーター、アートマネージャーらが2018年5月に結成したアートコレクティブである。アジアと東南アジア地域の国境を横断する文化交流を促進し、そのネットワークのハブ機能の創出と、同時代のアートの実践やプロセスを社会と共有するための環境整備、そして進化するコンテンポラリーアートの新しい芸術的価値を発掘することを目指している。 3Csのコンセプトが初めて提案されたのは、2017年度に国際交流基金アジアセンターが主催した「次世代舞台芸術制作者等育成事業(Next Generation: Producing Performing Arts)」の報告会を開催した「国際舞台芸術ミーティング in 横浜2018(TPAM in Yokohama)」であった。 新型コロナウィルス感染症によるパンデミックに対応するために、調査は完全にオンラインに移行し、2020年6月にクアラルンプール(マレーシア)、7月に東京(日本)、そして9月にはバンコク(タイ)に関して、ヴァーチャル・ミーティングを通して調査を実施した。芸術的な実践を通じた地域社会との効果的なコミュニケーションに取り組むために、東南アジアと日本から参加した5人の個人と1組の新進舞台芸術家たちと共に、3Csの旅を続けた。 Karakoaは、ソーシャル・ディスタンスへの芸術的な応答として、オンライン・プラットフォームとプログラムを構想し、上記3都市の現代の舞台芸術シーンで何が起こっているのかを調査し、交流を続けるための架け橋となった。

平成30年度採択事業 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/grant/cc1821/
令和2年度採択事業 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/grant/cc1945/

関連する国/地域
日本, フィリピン, インドネシア, マレーシア, タイ
協力団体/協力者
Five Arts Centre
Rimbun Dahan
ジョージタウン・フェスティバル
Toccata Studio
メラティ・スルヨダルモ
Pineapple Lab
Fringe Manila

申請団体より

At the beginning, we encountered technical issues in implementing an online program. Internet issues, audio interruption, and interpretation problems were among the challenges we experienced during the program. However, as the research progressed, the problems were gradually addressed by updating software and applications and learning as we went along. Although mobility restrictions and the need for social distance made real-life encounters and fieldwork difficult, we found that online activities were effective for intellectual exchanges, meetings, and symposiums. Online activities have also made it possible for us to engage in more flexible and continuous long-term activities compared to intensive activities during short-term stays. In 2021, the Team at Karakoa will conceptualize and implement the 3Cs festival, which will incorporate the results of our research, along with the issues and contexts that emerged in Kuala Lumpur, Tokyo, and Bangkok. Specifically, we are planning to hold an incubation program in Kuala Lumpur, which will emphasize the artists’ processes and collaboration with the local community. We will also have a collaboration with local partners in Tokyo and Loie, and an Asian Art Media Round Table in partnership with Arts Equator.

関連する事業

申請団体

Creators’ Cradle Circuit Work In Progress:アジアの次世代のための越境型移動舞台芸術祭を作る方法

1st Ed. The Creators’ Cradle Circuit Transnational Mobile Festival and Platform

活動国・地域

1st Ed. The Creators’ Cradle Circuit Transnational Mobile Festival and Platform

Tokyo Docs 2020

Jejak-旅Tabi Exchange: Wandering Asian Contemporary Performance

食を通じたアジア・環太平洋の先住民族のエンパワーメント 3か年計画 (2年目)

山形ドキュメンタリー道場3

ろう者と協同する人形劇団、ラオス×日本の共同ワークショップ プロジェクト

活動分野

日本・フィリピン・タイ アジア共同プロジェクト

小池博史ブリッジプロジェクト 汎アジア計画 『戦いは終わった-マハーバーラタより』タイ制作・タイ&東京公演ツアー

KARNABAL Festival 2016 and Continuing International Exchange

Asian Dramaturgs’ Network 2018 Satellite Meetings

範宙遊泳×The Necessary Stage 滞在制作・公演(シンガポール/東京)

Contemporary Asian Masks:Reconfiguration and Transformation

協力団体

”What Price Your Dance” – A Lecture Performance on Dance, Work and Money

SCENE/ASIA アジアの観客空間をつくる